上島有

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

上島 有(うえじま たもつ、1924年 - )は、日本の歴史学者摂南大学名誉教授。中世古文書が専門。

来歴[編集]

三重県生まれ。1950年京都大学文学部史学科卒業。京都府立総合資料館を経て、1980年代から大阪電気通信大学教授、摂南大学教授、花園大学教授。1971年「京郊庄園村落の研究」で京都大学文学博士。1999年「東寺・東寺文書の研究」で、密教学芸賞角川源義賞を受賞。京都大学教授で中世史家の上島享は子。

著書[編集]

  • 京郊庄園村落の研究 塙書房 1970
  • 戦乱と一揆 新書日本史 4 1976 (講談社現代新書)
  • 東寺・東寺文書の研究 思文閣出版 1998.10
  • 足利尊氏文書の総合的研究 国書刊行会 2001.2
  • 中世花押の謎を解く 足利将軍家とその花押 山川出版社 2004.11

共編著[編集]

参考[編集]