上山良子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

上山良子(うえやま りょうこ)は、日本のランドスケープアーキテクトランドスケープコンサルタント・上山良子ランドスケープデザイン研究所主宰。長岡造形大学名誉教授長崎県アーバンデザイン会議アドバイザー。

経歴[編集]

上智大学外国語学部英語学科卒業後、スカンジナビア航空を経て1968年に、日本万国博覧会電気通信館の設計に参加。

主な著書[編集]

  • SD 4月号特集『庭園』ハルプリンの近作 (庭園--虚構仕掛のワンダ-ランド<特集>) -- (アメリカのランドスケープ・デザインの展開)アメリカに於けるランドスケープデザインの展開」鹿島出版会、1984年)
  • 駅の新しい機能-広場化・情報化 (上・下巻、監修・著、地域科学研究会、1988年)
  • 街を内包する駅・空港(共著、地域科学研究会、1992年)
  • まちと私――ECOPOLIS/EGOPOLIS(「新都市」 44(12),1990年12月号)
  • 内発型活性化の実践(共著、地域科学研究会、1994年)
  • 鉄道高架とまちづくり(下)(共著、地域科学研究会、1994年)
  • 環境づくりと公共建築 (特集 公共建築と環境)「建設月報」 49(3),1996年3月号)
  • 環境をデザインする(共著、環境デザイン研究会、朝倉書店(1997年)
  • ミレニアムへの扉――「土地の記憶」と「バイオミミクリー」 (特集 ミレニアムを考える)(「地域開発」 (419), 1999年8月号)
  • 飯田の風土に根ざしたサスティナブルシティの条件 (第4回環境共生まちづくり塾(長野県飯田市2000年11月17日開催))「環境共生」 6, 2001年7月)
  • ランドスケープアーキテクトの視点(「運輸と経済」 63(1),2003年1月号)

参考文献[編集]

  • LANDSCAPE DESIGN―場を創る 美術出版社 2007
  • 大地の声に耳を傾ける上山良子『LANDSCAPE DESIGN -場を創る』(上野裕治、長岡造形大学研究紀要 5, 2008年3月)
  • シンポジウム 女子学生と上智大学 (特集・花の女子学生五十年,ソフィア 55(4),2006年)