上山田駅

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
上山田駅
かみやまだ
Kami-Yamada
下山田 (2.0km)
(3.0km) 熊ヶ畑
所在地 福岡県山田市上山田杉町1348番地
所属事業者 九州旅客鉄道(JR九州)
所属路線 上山田線
キロ程 14.4km(飯塚起点)
電報略号 カヤ
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線(側線あり)
開業年月日 1898年明治31年)2月8日
廃止年月日 1988年昭和63年)9月1日
テンプレートを表示

上山田駅(かみやまだえき)は、かつて福岡県山田市(現・嘉麻市)上山田杉町1348番地に設置されていた、九州旅客鉄道(JR九州)上山田線である。上山田線の廃止に伴い、1988年(昭和63年)9月1日廃駅となった。

歴史[編集]

廃止時の駅構造[編集]

嘉麻市(旧・山田市)の中心駅であり、上山田線の中心的な駅であった。

  • 直営駅であり、2面2線の相対式ホームと数本の側線を有していた。
  • 立派な駅舎があった。
  • かつては、石炭の積み出し駅であった。
  • 筑豊本線の終着駅となっていた時期がある。
  • 上山田線最終営業日まで、売店(キヨスク)が営業していた。

運行形態[編集]

当駅は長らく上山田線の終着駅であったが、当駅から豊前川崎駅までの延伸が1966年(昭和41年)に行われてからは中間駅となった。しかし、当駅を境にして輸送の需要が大きく違い、飯塚駅方面への列車は比較的多かったが、熊ヶ畑駅や豊前川崎駅方面行きの列車は少なかった。

また、漆生線列車との事実上の接続駅であった(下山田駅が実際の分岐駅ではあったが、すべて当駅まで直通運転されていたため)。

駅周辺[編集]

現況[編集]

廃駅後、1999年(平成11年)まで嘉穂交通山田支社が置かれ、代替バスが配置されていた。

現在では、駅跡は山田生涯学習館・図書館となっている。

隣の駅[編集]

九州旅客鉄道
上山田線
下山田駅 - 上山田駅 - 熊ヶ畑駅

輸送量・収入[編集]

年度 旅客(人) 貨物量(トン) 旅客収入(円) 貨物収入(円)
1924 126,973 297,010 38,087 388,902
1928 164,659 376,054 49,274 507,002
1931 121,118 370,006 32,477 507,789
1935 169,098 823,755 46,673 1,148,840
  • 福岡県統計書各年度版より

関連項目[編集]