上官 (姓)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
上官
各種表記
繁体字 上官
簡体字 上官
拼音 Shàngguān
注音符号 ㄕㄤˋㄍㄨㄢ
ラテン字 Shangguan
広東語発音: Soeng6gun1
上海語発音: Zaon3kuoe1
台湾語白話字 Siōng-koan
テンプレートを表示

上官(じょうかん)は、漢姓のひとつ。『百家姓』の411番目。

由来[編集]

戦国時代懐王の子である子蘭が上官邑(現在の河南省滑県の南東)の大夫であったため、後に邑名を氏としたという[1][2]

「上官黒」と書かれた戦国時代の私印が北京の故宮博物院にある[3]

著名な人物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 林宝 『元和姓纂』巻八・上声三十六養。「楚懐王子蘭為上官邑大夫、因氏焉。」
  2. ^ 広韻』上平二十六桓・官「又複姓。(中略)楚懐王少子為上官大夫、以上官為姓。」
  3. ^ 战国玺:墨 上官黑 单佑都市王 日庚都萃车马”. 篆体字网 (2014年9月19日). 2015年11月14日閲覧。