上司小剣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

上司 小剣(かみつかさ しょうけん、1874年明治7年)12月15日 - 1947年昭和22年)9月2日)は、小説家。奈良県生まれ、兵庫県育ち。本名は延貴。大阪の浪華文学会で活動したあと1897年上京、読売新聞社に勤め、編集局長。1914年の半生記小説『鱧の皮』が田山花袋に賞賛され、代表作となった。1937年帝国芸術院会員。戦後、新日本文学会の賛助会員となった。

現在ではほぼ忘れられた作家だが、大塚子悠『星ひとつ-小剣さんを歩く-』(信樹舎2006)、荒井真理亜『上司小剣文学研究』(和泉書院 2005)が研究書としてある。

著書[ソースを編集]

  • 『相撲新書』上司延貴(子介)編 博文館 1899
  • 『その日その日 小剣随筆』読売新聞社 1905
  • 『灰燼』春陽堂 1908
  • 『木像』今古堂 1911
  • 『金魚のうろこ 短文集』文友堂書店 1913
  • 『鱧の皮』春陽堂 1914 のち岩波文庫
  • 『お光壮吉』植竹書院 1915
  • 『父の婚礼』新潮社 1915
  • 『小ひさき窓より』大同館書店 1915
  • 『巫女殺し』須原啓興社 1916
  • 『生存を拒絶する人』聚英閣 1920
  • 『花道』玄文社 1921
  • 『花瓶』博文館 1922
  • 『東京』 第1―2部 大鐙閣 1921-22
  • 『早婚者の手記』前篇 金子書店 1923
  • 『西行法師』而立社 1924
  • 『女護の島』 5版 玄文社 1924
  • 『ユウモレスク』中央堂 1924
  • 『現代長篇小説全集 上司小剣篇』新潮社 1928
  • 『U新聞年代記』中央公論社 1934
  • 『蓄音機読本』文学界社 1936
  • 『清貧に生きる』千倉書房 1940
  • 『生々抄』大東出版社 1941
  • 『余裕』東洋書館 1941
  • 菅原道真』生活社 1946
  • 『上司小剣選集』全3巻 育英出版 1947-48

外部リンク[ソースを編集]