上原征彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

上原 征彦(うえはら ゆきひこ)は、日本経営学者マーケティング学者明治大学大学院グローバル・ビジネス研究科元教授。日本ダイレクトマーケティング学会元会長[1]

略歴[編集]

流通論、マーケティング戦略論を専門とするが、インターネットマーケティング、個別対応マーケティング(ダイレクトマーケティング)に関する翻訳も行っている。

経歴[編集]

政府委員[編集]

  • 産業構造審議会流通部会長、サービス部会長、
  • 食料供給コスト縮減検証委員会委員長

著書(訳書を含む)[編集]

  • 上原征彦『マーケティング戦略論―実践パラダイムの再構築 』(有斐閣、1999年) ISBN 978-4641160668
  • 上原征彦『手にとるように小売・流通がわかる本―新しい“顧客接点”をつくり出す仕組みとは? (「手にとるようにわかる」シリーズ)』(かんき出版、2008年) ISBN 978-4761265052
  • 上原征彦『創発するマーケティング 』(日経BP企画、2008年) ISBN 978-4861303104
  • ワード・ハンソン上原征彦・長谷川 真実 翻訳『インターネット・マーケティングの原理と戦略』(日本経済新聞社、2001年) ISBN 978-4532131975

脚注・出典[編集]

  1. ^ 上原 征彦 - 研究者 - researchmap”. 2019年6月7日閲覧。

外部リンク[編集]