上信電気鉄道デキ1形電気機関車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
上信電気鉄道デキ1形電気機関車
デキ1とデキ3(下仁田駅 2007年10月20日)
デキ1とデキ3(下仁田駅 2007年10月20日)
基本情報
運用者 上信電鉄
製造所 シーメンス・シュッケルト (車体はM.A.N社製)
製造年 1924年
製造数 3両
主要諸元
軸配置 B - B
軌間 1,067 mm
電気方式 直流1,500V
架空電車線方式
全長 9,180 mm[1]
全幅 2,657 mm[1]
全高 3,874 mm[1]
機関車重量 34.5t[1]
台車 板台枠
動力伝達方式 1段歯車減速吊り掛け式
主電動機 直流直巻電動機 DJ11B形×4基
歯車比 77:16 (4.813)[1]
制御方式 抵抗制御・直並列2段組合せ制御
制御装置 総括複式シーメンスCIB10064A[1]
制動装置 NAB-A形 (自動空気ブレーキ手ブレーキ)
保安装置 ATS(改造後)
定格速度 23.3 km/h[1]
定格出力 200 kW
定格引張力 3,087 kg[1]
備考
PODY ribbon.svg
第3回(1986年

カテゴリ / テンプレート

テンプレートを表示

上信電気鉄道デキ1形電気機関車(じょうしんでんきてつどうデキ1がたでんききかんしゃ)は、1924年大正13年) に上信電気鉄道 (現 上信電鉄) が導入した電気機関車である。

概要[編集]

1924年大正13年)、上信線改軌電化した際に、3両(デキ1・デキ2・デキ3)をドイツシーメンスシュケルト社から購入した。小型の凸型機で車体部分の製造者はM.A.N社。価格は当時の金額で36,990円。

構造[編集]

車体[編集]

全長9.180mmの凸型車体を持つ。左右片方の側面には6枚の点検蓋を備えるが、デキ1とデキ2.3では付いている面が異なる。

主要機器[編集]

イベント時に公開されたデキ3の運転台。
(2009年11月8日)

電装品にはいずれも同時に導入した旅客用電車デハ1形と同一のものを用いている。主電動機にはシーメンス製DJ11B電動機[1] (端子電圧750V・定格出力50kW) を4基搭載する。主制御器は間接式のシーメンス製CIB10064A[1] である。ブレーキは空気ブレーキと手ブレーキを備え、いずれもドイツのクノールブレムゼ社製である[2]台車は電車とは異なり、シーメンス製の板台枠のものを採用した。なお車輪径は電車用のものよりも大きい900mm[1]となっている。

運用[編集]

3両共貨物列車牽引に長年使用されていた。貨物輸送全盛期には、石炭や薪炭、木材、繭、こんにゃく等々の輸送に用いられていた。昼時に運行することが多く、沿線住民からは「オメシレッシャ」と呼ばれて親しまれていたが、1994年平成6年)9月23日の貨物輸送廃止に伴いデキ2が廃車された[注釈 1]。デキ1とデキ3は貨物輸送廃止後も車籍を有するが、定期運用はなく、工事列車臨時列車などに使用されることがある。

砂箱の撤去と前照灯位置の変更、パンタグラフの交換、およびATS関連装備の搭載がなされているが、外観に関しては大正年間の輸入当時と比べても大きな改変はほとんどない。

2007年(平成19年)3月12日、下仁田 - 南蛇井間で線路沈下が原因と見られる脱線事故が発生し、その際に受けた損傷が原因でながらく補修待ちとなっていたが、2011年度の群馬デスティネーションキャンペーンに向けた修復が2010年末から行われ、2011年4月に完了した。

1986年昭和61年)にはエバーグリーン賞鉄道友の会)を受賞、鉄道ファンの間では「上州のシーラカンスの異名をとる。

本形式導入の経緯について[編集]

大正から昭和初期にかけての日本の各鉄道会社では、英米製の電気機関車や設備が主流だったが、上信電鉄ではドイツ製が多かった。第一次大戦の戦時賠償として、ドイツから日本へ優秀な鉄道機材、設備が譲渡されることになったが、群馬県出身の政治家桜井伊兵衛の運動により、上信電鉄はそれらの多くを譲り受けることができたからである。譲渡が円滑に進んだ裏には、当時滞独中であった井上工業井上房一郎による仲介と、シーメンス社による日本市場開拓という目論見もあった。こうした流れの中、福島変電所の回転変流機など主要電気機器はドイツに発注され、本形式もまた同様に輸入されることとなった[3]

関連項目[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ デキ2は現在群馬県富岡市もみじ平公園に保存されている。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k 『鉄道ピクトリアル』別冊33号 p.41
  2. ^ 鉄道ファン No169 p50
  3. ^ 『上信電鉄百年史』

参考文献[編集]

  • 交友社『鉄道ファン』 1975年5月号 No.169 飯島巌・諸河久「電車をたずねて: 上信電鉄」
  • 鉄道図書刊行会『鉄道ピクトリアル』 アーカイブセレクション 私鉄車輌巡り 関東2 柴田重利 「上信電気鉄道」 p36 - 41