上乗せ条例

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

上乗せ条例(うわのせじょうれい)とは、国の法令に定められた基準に上乗せされて制定される条例、あるいは都道府県条例の基準に上乗せして制定される市区町村条例のことである。上乗せ規制ともいう。

正式な条例名ではなく、俗語の一種である。地方公共団体の条例は国の法令の範囲内で制定することが原則であるが、環境関連(水質汚濁防止法など)では地域によって差があることから、地域にあわせて国の法令を上回る基準を設けることができるとされている。1969年に制定された東京都公害防止条例が始まりである[1]

一方でパチンコ店の出店規制では、都道府県条例の規制を上回る規制を市区町村条例で行うことについて、その有効性を巡り全国各地でトラブルとなっている例もある(詳しくはパチンコ店等規制条例を参照)。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 杉浦寛 『環境法概説(全訂第三版)』 信山社、2000年、ISBN 4-7972-3619-1、pp.203-204。

関連項目[編集]