上久保靖彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

上久保 靖彦(かみくぼ やすひこ[1]1967年[2] - )は、日本医学者内科医)。京都大学大学院特定教授医学研究科人間健康科学系専攻 創薬イノベーション研究室)。

略歴[編集]

1986年昭和61年)高槻高等学校大阪府高槻市)卒業[3][4]1996年平成8年)兵庫医科大学医学部を卒業[5]

京都大学医学部附属病院研修医兵庫県立尼崎病院(現・兵庫県立尼崎総合医療センター)血液内科専攻医を経て、1999年京都大学大学院医学研究科に進学。血液・腫瘍内科学専攻を2003年3月に修了し、2004年4月から5年間米国立衛生研究所(米国立ヒトゲノム研究所)の博士研究員に。

2010年3月から東京大学医学部附属病院無菌治療部・東京大学大学院医学研究科血液・腫瘍内科学第6研究室(血液研究室)の室長。

2012年7月から大阪大学大学院医学系研究科遺伝子治療学講座の助教などを経て、

2013年12月から京都大学大学院医学研究科人間健康科学系専攻検査技術科学コース准教授・癌創薬イノベーション研究室の室長。

2018年12月から現職の特定教授[6][1]

2020年3月まで、京都大学医学部附属病院血液内科外来非常勤担当。

人物[編集]

2009年 NIH FARE award受賞。

2011年日本白血病研究基金」の研究賞を受賞[7]

2018年 第一回兵庫医科大学緑樹会学術奨励賞受賞。

2019年 日本白血病研究基金 令和元年度研究賞受賞。

2020年5月2日 2020年3月の新型コロナウイルス感染症流行に関連して、日本の死者数や死亡率が欧米諸国に比べて少ない原因について、「日本ではすでに新型コロナウイルスに対する集団免疫が確立されている」という仮説を、インフルエンザ流行カーブよりウイルス干渉を解析することで検証し、プレプリントサーバー上で発表した(吉備国際大学服部俊夫教授と高橋淳教授との研究)[8][9]

出典[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]