上一万停留場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
上一万停留場
上一万停留場(2008年)
上一万停留場(2008年)
かみいちまん
Kamiichiman
所在地 愛媛県松山市勝山町二丁目
駅番号 16
所属事業者 伊予鉄道
駅構造 地上駅
ホーム 2面2線
乗降人員
-統計年度-
1536[1]人/日
-2015年-
乗入路線 2 路線
所属路線 城南線
22 南町 (0.4km)
(0.3km) 警察署前 17
所属路線 城南線(支線)
(0.1km) 平和通一丁目 15
テンプレートを表示
地下道入口
地下道内

上一万停留場(かみいちまんていりゅうじょう)は、愛媛県松山市勝山町2丁目にある伊予鉄道城南線停留所である。停留所番号は16

構造[編集]

相対式2面2線で、上下線とも安全地帯付。

地下道を通ってのりばへと向かう。横断歩道などは設置されていない。

かつては、警察署前側に渡り線があったが、2000年代に入って撤去された。

のりば[編集]

上一万
ホーム 路線 行先
東側 1号線 環状 松山市駅行き
3号線
5号線 JR松山駅前行き
西側 2号線 環状 赤十字病院前木屋町方面
3号線 道後温泉行き
5号線

周辺[編集]

  • 上一万駅前バス停

歴史[編集]

  • 1913年 松山電気軌道により、一万駅として開設される。
  • 1921年4月1日 松山電気軌道が伊予鉄道に吸収される。
  • 1927年4月3日 城北線の路線付け替えにより、当駅から城北線が分岐するように変更される。ただし、城北線の駅舎と城南線の停留所はそれぞれ別に設けられた。
  • 1929年 名称が一万から上一万に変更される。
  • 1969年12月1日 それまで道後温泉駅方面から城北線方面・城南線方面へと分岐していたのを、警察署前電停から道後温泉駅方面、城北線方面へと分岐するように変更。これにより、松山市 - 大街道 - 上一万 - 木屋町 - 古町 - 松山市の環状系統の運行がされるようになった。またこれにより、城北線の駅舎が閉鎖となる。

その他[編集]

環状線開通前は、上一万駅にも駅舎があり乗車券などが販売されていた。環状線開通とともに駅舎は廃止され、跡地は伊予鉄直営の駐車場になった。

1986年まで、国鉄との連絡運輸があって、チッキの取り扱いも行われていた。現在はその駐車場も廃止され、跡地には高層マンションが建つ。

隣の停留場[編集]

伊予鉄道
環状線(1号線・2号線)
平和通一丁目停留場 (15) - 上一万停留場 (16) - 警察署前停留場 (17)
3号線・5号線
南町停留場 (22) - 上一万停留場 (16) - 警察署前停留場 (17)


市内線の路線図(電停名をクリックすると該当ページに飛びます)
松山市駅南堀端西堀端大手町JR松山駅前宮田町古町萱町六丁目本町六丁目木屋町高砂町清水町鉄砲町赤十字病院前平和通一丁目上一万警察署前勝山町大街道県庁前市役所前南町道後公園道後温泉本町一丁目本町三丁目本町四丁目本町五丁目高浜線郡中線横河原線松山市内線(路線図).png
画像の詳細

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 国土数値情報(駅別乗降客数データ) - 国土交通省、2017年11月13日閲覧

参考文献[編集]

大野鐵・速水純『伊予鉄が走る街 今昔』JTBパブリッシング、2006年。ISBN 4-533-06410-8

関連項目[編集]