上ノ山周

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

上ノ山 周(かみのやま めぐる、1955年昭和30年)[1][2] - )は、日本化学工学者。専門は流体工学熱工学[1]横浜国大名誉教授。

経歴・人物[編集]

京都府に生まれる[2]京都大学工学部石油化学科、京都大学大学院工学研究科修士課程を経て、1982年(昭和57年)日揮に入社する[3][4]1989年平成元年)横浜国立大学大学院工学研究科物質工学科博士課程後期修了[1][3][4]。その後、横浜国立大学工学部講師、助教授、教授を経て、2001年(平成13年)横浜国立大学大学院教授となった[1][3][4]。2012年化学工学会粒子・流体プロセス部会長[5]

主な研究分野としては撹拌槽における重合反応過程の数値流動解析、ナノ粒子創製を目指した分散技術の高度化、電気抵抗方式トモグラフィーを用いた懸濁重合反応状態の計測および制御などが挙げられる[1]。ほか、化学工学会日本海水学会の理事などを歴任した[4]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e 研究者詳細 - 上ノ山 周、2019年3月18日閲覧
  2. ^ a b 上ノ山 周ら『化学工学の基礎(新版)』(2016)、著者紹介
  3. ^ a b c 上ノ山 周(かみのやま) 氏 プロフィール | 日刊工業新聞社、2019年3月18日閲覧
  4. ^ a b c d 上ノ山 周 - 講師 | tech-seminar.jp、2019年3月18日閲覧
  5. ^ 部会長挨拶化学工学会粒子・流体プロセス部会
先代:
齋藤文良
化学工学会粒子・流体プロセス部会長
2012年 - 2014年
次代:
梶原稔尚