三首人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
王圻『三才図会』より「三首国」

三首人(さんしゅじん)は中国に伝わる伝説上の人種である。古代中国では南方に位置する国に棲んでいたとされる。

概説[編集]

古代中国の地理書『山海経』の海外南経によると、三首国は不死国・岐舌国の東、周饒国・長臂国の西にあり、三首人は顔を3つもつ人間の姿だという。

三首人の登場する作品[編集]

葛飾北斎北斎漫画
第3編(1815年)に描かれている[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 永田生慈監修解説 『北斎漫画』1 岩崎美術社 1986年 ISBN 4-7534-1251-2 152頁 ただし後ろ向きに座った姿で描かれているため、明確に3つの顔があるようには描かれておらず、かろうじて「三首」と記されていることによって判明する。

参考文献[編集]

  • 『山海経 中国古代の神話世界』高馬三良 訳 平凡社ライブラリー ISBN 4582760341 1994年 118頁