三門 (大石寺)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
三門

三門(さんもん)は、静岡県富士宮市大石寺にある大楼門。山門とも。

歴史[編集]

1712(正徳2)年、25世日宥の発願により、徳川6代将軍・家宣から富士山の巨木70本の寄進、また、家宣の正室・天英院から黄金1200粒の寄進を受け、1717(享保2)年8月に建立された。

大改修[編集]

  • 1931(昭和6)年、桧皮葺から銅葺に改める。
  • 1935(昭和10)年、丸柱を入れ替える。

文化財指定[編集]

概要[編集]

大石寺の総門(黒門)から北へ約400mのところに建つ大楼門で、間口24m、奥行11m、高さ22mあり、その規模は東海道随一である。木造の朱塗りで、上部の楼台の部分には本尊が安置されている。

ギャラリー[編集]

参考文献[編集]

  • 『日蓮正宗総本山大石寺写真集』(大石寺、2003年10月)
    • 大石寺建造物解説
  • 『日蓮正宗入門』(大石寺、2002年1月)

関連項目[編集]