三野後国造

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

三野後国造(みののみちのしりのくにのみやつこ・みののみちのしりのこくぞう)は美濃国東部を支配した国造

概要[編集]

祖先[編集]

国造本紀』によると、出雲大臣命の孫の臣賀夫良命成務朝に三野後国造に任じられたという。

氏族[編集]

美濃後氏物部氏などと同系。

本拠[編集]

美濃国東部。現在の岐阜県美濃地方東部。後に三野前国造に追われたか。

氏神[編集]

不明。

[編集]

賀夫良命塚 岐阜市金町 金神社境内 岐阜市指定

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 『國史大辭典』(吉川弘文館)
  • 坂本太郎・平野邦雄『日本古代氏族人名辞典』(吉川弘文館)
  • 『日本古代人名辭典』(吉川弘文館)
  • 『日本史広辞典』(山川出版社)
  • 『神道大辞典』(臨川書店)
  • 『日本史総覧』(新人物往来社)