三重県道・奈良県道81号名張曽爾線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
主要地方道
Japanese Route Sign Number 8.svgJapanese Route Sign Number 1.svg
三重県道81号標識
奈良県道81号標識
三重県道81号名張曽爾線
奈良県道81号名張曽爾線
路線延長 22.1 km
起点 三重県名張市
終点 奈良県曽爾村
接続する
主な道路
記法
三重県道57号

三重県道80号
Japanese National Route Sign 0165.svg国道165号
三重県道694号
奈良県道784号

テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路

三重県道・奈良県道81号名張曽爾線(みえけんどう・ならけんどう81ごう なばりそにせん)は、三重県名張市から奈良県宇陀郡曽爾村へと至る主要地方道である。三重県内の区間は1982年昭和57年)から1994年平成6年)までは三重県道48号名張曽爾線だった。

概要[編集]

路線データ[編集]

路線状況[編集]

別名[編集]

  • 伊勢北街道(名張市)

重複区間[編集]

バイパス[編集]

  • 上曽爾バイパス - L=3,171mのバイパス。内436mは曽爾トンネル。

利用状況[編集]

2005年度(平成17年度道路交通センサスより)

平日24時間交通量

地点 交通量
三重県名張市夏見 10,160台
奈良県宇陀郡曽爾村大字今井 2,654台[2]

平日12時間交通量

地点 交通量
三重県名張市夏見 7,756台[3]
奈良県宇陀郡曽爾村大字今井 2,106台[2]

地理[編集]

青蓮寺川の上流域の約8km区間は、香落渓の深い渓谷沿いを走るので、道路両側は垂直に切り立った柱状節理の岩肌が露出する絶壁が続いており、春の新緑や紅葉が美しいところで知られる[4]。近くに、ススキの草原で特に知られる曽爾高原や、赤目四十八滝がある[4]

通過する自治体[編集]

主な接続路線[編集]

交差する道路 交差する場所 備考
三重県道57号上野名張線 三重県 名張市 (平尾)
三重県道80号奈良名張線 (丸之内) ※ここから名張市上本町まで県道80号と重複
三重県道80号奈良名張線 (上本町)
三重県道57号上野名張線 (夏見)
国道165号 (夏見)
三重県道694号布生夏見線 (夏見)
三重県道694号布生夏見線 (中知山)
奈良県道784号赤目掛線 奈良県 宇陀郡 曽爾村 (今井) ※旧道交差点
国道369号 ※旧道交差点
国道369号 (掛)

※ 交差する場所の括弧書きは地名、それ以外は交差点名で表示

沿線[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 三重県県土整備部高速道・道路企画室."三重県の道路/県管理道路一覧"(2010年11月14日閲覧。)
  2. ^ a b 奈良県"H17一般交通量集計表-トップページ/奈良県公式ホームページ"(2010年11月14日閲覧。)
  3. ^ 中部地方整備局"平成17年度道路交通センサス(平日12時間交通量)"(2010年11月14日閲覧。)
  4. ^ a b 須藤英一 2013, p. 130.

参考文献[編集]

関連項目[編集]