三重中継局 (大分県)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

三重中継局(みえちゅうけいきょく)は、大分県豊後大野市にあるテレビ放送とFMラジオ放送の中継局である。

概要[編集]

《地上デジタル/アナログテレビジョン放送》

  • 中継局名:三重中継局
  • 所在地:大分県豊後大野市三重町松尾字佩楯1199番5号 佩楯山(はいだてさん)

《FMラジオ放送》

  • 中継局名:三重中継局
  • 所在地:大分県佐伯市本匠山部字立平388番地 佩楯山(はいだてさん)

放送設備[編集]

地上デジタルテレビジョン放送送信設備[編集]

リモコン
番号
放送局名 チャンネル
番号
空中線
電力
ERP 放送対象地域 放送区域
内世帯数
運用開始日
1 NHK
大分総合
17 10W[1] 20W 大分県 9,793世帯[1] 2007年
12月10日[2]
2 NHK
大分教育
16 全国
3 OBS
大分放送
29 大分県
4 TOS
テレビ大分
26 18W
5 OAB
大分朝日放送
18 20W

地上アナログテレビジョン放送送信設備[編集]

チャンネル
番号
放送局名 空中線
電力
ERP 放送対象地域 放送区域
内世帯数
運用開始日
21 OAB
大分朝日放送
映像100W/
音声25W
映像440W/
音声110W
大分県 8,728世帯[3] 1993年
10月1日[注 1]
44 TOS
テレビ大分
映像450W/
音声115W
8,729世帯[3] 1970年
8月26日[4]
55 NHK
大分教育
映像440W/
音声110W
全国 8,728世帯[3] 1966年
4月1日[5][6]
58 NHK
大分総合
大分県
61 OBS
大分放送

FMラジオ放送[編集]

周波数
(MHz)
放送局名 空中線
電力
ERP 放送対象地域 放送区域
内世帯数
運用開始日
85.0 NHK
大分FM
3W 4.8W 大分県 10,836世帯[7] 1969年3月1日[8]
1968年3月1日[9]
  • 括弧内は実用化試験局としての運用開始日。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 大分朝日放送の本放送開始日。サービス放送としては1993年9月10日から運用開始[3]

出典[編集]

  1. ^ a b 三重デジタルテレビ中継局の概要 (PDF)”. 総務省、九州総合通信局. 2020年11月12日閲覧。
  2. ^ 大分県の開局済みのデジタル親局、及びデジタル中継局”. 総務省、九州総合通信局. 2020年11月12日閲覧。
  3. ^ a b c d NHKアイテック/編集; 日本放送協会/監修; 日本民間放送連盟/監修 『全国テレビジョン・FM・ラジオ放送局一覧 2004』 NHKアイテック、2004年、909頁。 
  4. ^ テレビ大分25周年記念誌編集委員会編集 『TOSテレビ大分25年のあゆみ』 テレビ大分、1996年、105頁。 
  5. ^ 日本放送協会 編 『NHK年鑑'66』 日本放送出版協会、1966年、201頁。 
  6. ^ 大分放送社史編纂委員会 編 『県民放送の旗印のもとに 大分放送三十年の歩み』 大分放送、1983年、431頁。 
  7. ^ NHKアイテック/編集; 日本放送協会/監修; 日本民間放送連盟/監修 『全国テレビジョン・FM・ラジオ放送局一覧 2004』 NHKアイテック、2004年、1060頁。 
  8. ^ 日本放送協会総合放送文化研究所放送史編修室 『NHK年鑑'69』 日本放送出版協会、1969年、225頁。 
  9. ^ 日本放送協会総合放送文化研究所放送史編修室 『NHK年鑑'68』 日本放送出版協会、1968年、242頁。