三遊亭遊朝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

三遊亭 遊朝(さんゆうてい ゆうちょう)は、落語家名跡

当代遊朝は『古今東西落語家事典』では5代目とされているが、その他4代目や3代目と記載されているものもある。遊朝で真打になった人物は当代を含めて過去3人いるが、その他にも遊朝を名乗った人物の存在が確認されており、誰が何代目であるかなどを定義するのは難しい。以下代数を付けずに、過去遊朝を名乗った人物を列記する。

  1. 後の3代目三遊亭圓橘。本名は佐藤三吉。
  2. 初代三遊亭圓遊門下にいた遊朝。詳細は全く不明。
  3. 5代目立川ぜん馬が若い頃に一時期名乗っていたという記録がある。本名は鳥井兼吉。
  4. 通称「お茶兼の遊朝」。本名は小林兼次郎。下記にて詳述。
  5. 後に式亭三馬を名乗る。本名は宇田川勝太郎。
  6. 当代。本名は篠崎邦雄。下記にて詳述。

お茶兼の遊朝[編集]

三遊亭 遊朝さんゆうてい ゆうちょう
生年月日 1886年10月
没年月日 1913年8月2日
師匠 2代目禽語楼小さん
4代目橘家圓喬
2代目三遊亭小圓朝
名跡 1. 禽語楼小かね(時期不明)
2. 橘家喬雀(? - 1899年)
3. 橘家花圓喬(1899年 - 1901年)
4. 三遊亭圓輔(1901年 - 1907年)
5. 三遊亭友朝(1907年 - 1912年)
6. 三遊亭遊朝(1912年 - 1913年)
活動期間 ? - 1913年

三遊亭 遊朝(さんゆうてい ゆうちょう、慶応2年(1886年10月) - 大正2年(1913年8月2日)は、主に明治後期に活躍した落語家。通称「お茶兼の遊朝」。

前身は書生の俳優。明治20年代初め2代目小さん門下で小かねを名乗り、明治20年代後半に4代目橘家圓喬門下で喬雀となる。1899年ころに花圓喬に改名した後、1901年ころに初代三遊亭金馬2代目三遊亭小圓朝)門下に移って圓輔に改名。1907年ころに友朝となり、1910年2月に真打昇進し、1912年6月に遊朝に改名した。

音曲の腕が良く、また仲間の物真似を売りにしていたという。

「お茶兼」の由来は、茶道を好んでいたからとも、チャラチャラしていたからとも言われる。

当代遊朝[編集]

三遊亭 遊朝さんゆうてい ゆうちょう
本名 篠崎 邦雄
生年月日 (1938-04-20) 1938年4月20日(80歳)
出身地 日本の旗 日本千葉県成田市
師匠 4代目三遊亭圓遊
名跡 1. 三遊亭千遊(1956年 - 1973年)
2. 三遊亭遊朝(1973年 - )
出囃子 舌出し三番叟
活動期間 1956年 -
所属 日本芸術協会→落語芸術協会
公式サイト 三遊亭 遊朝 ホームページ

三遊亭 遊朝(さんゆうてい ゆうちょう、1938年4月20日 - )は、千葉県生まれの落語家。本名は篠崎 邦雄(しのざき くにお)。落語芸術協会所属。出囃子は「舌出し三番叟」。千葉県立佐倉第二高等学校(現・千葉県立佐倉東高等学校)卒業[1]

「結婚プランナー」としても活動している。

略歴[編集]

最近では高座よりも旅のイベント企画などに力を入れている。

著書[編集]

『なぞかけ傑作集』(1979年3月大泉書店

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.545

外部リンク[編集]

参考文献[編集]