三遊亭福圓遊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
三遊亭 福圓遊さんゆうてい ふくえんゆう
本名 新井 徳次郎
生年月日 1858年9月21日
没年月日 不詳年
出身地 日本の旗 日本
師匠 4代目麗々亭柳橋
初代三遊亭圓遊
3代目春風亭柳朝
名跡 1. 麗々亭柳作(? - 1890年)
2. 麗々亭柳右(1890年 - 1894年)
3. 三遊亭遊人(1894年 - 1899年)
4. 三遊亭い圓遊(1899年 - 1901年)
5. 春風亭小柳朝(1901年 - 1902年)
6. 三遊亭遊團次(1902年 - 1903年)
7. 三遊亭福圓遊(1903年 - ?)
所属 柳派
三遊派
睦会

三遊亭 福圓遊(さんゆうてい ふくえんゆう、安政5年8月15日1858年9月21日) - 没年月日不詳・大正末ころ)は、落語家。本名は新井徳次郎

初めは明治10年代初め4代目麗々亭柳橋の下に入門して柳作を名乗る。1890年ころに柳右と改名した後、3、4年後初代三遊亭圓遊門下に移って遊人となる。1899年に真打昇進して、三遊亭い圓遊に改名。

1901年には3代目春風亭柳朝門下に移って春風亭小柳朝に改名するが、1902年?に初代圓遊門下に戻って三遊亭遊團次(遊團治と表記することもある)に改名。1903年には三遊亭福圓遊となる。(1899年には既にい圓遊から福圓遊になっていた可能性もある)

真打に昇進したものの、三遊派柳派を行き来し出直したりしたが、結局大成せず中看板で終わった。

芸は百面相声色を得意とした。特に5代目市川小團次等人がやらない声色を得意とした。

1912年の『文芸倶楽部』の評には「百面相が得意な三遊亭遊人が起用で又仮声が遣ったが、これは風変わりに滅多に他人が遣らぬ尾上幸蔵や市川小團次を遣った」と書かれている。

数枚のSP盤レコードを残している。

没年月日は不詳である。ただ、大正の末頃までは睦会の顔付などに名前が出ているので、その頃没か[要出典]とも推察されている。

い圓治、いさみ、い子丸、い奈妻、いてうなどの弟子がいた。

参考文献[編集]