三遊亭朝橘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
三遊亭 朝橘さんゆうてい ちょうきつ
本名 渡辺 勝也(わたなべ かつや)
生年月日 (1978-10-08) 1978年10月8日(40歳)
出身地 日本の旗 日本静岡県沼津市
師匠 6代目 三遊亭圓橘
名跡 1. 三遊亭橘也 (2005年 - )

2. 三遊亭朝橘 (2017年 - )

活動期間 2005年 -
活動内容 落語家
所属 円楽一門会

三遊亭朝橘(さんゆうてい ちょうきつ、1978年10月8日-)は、静岡県沼津市出身の落語家円楽一門会所属。筑波大学第1学群自然学類卒業。専攻は人文地理学。本名は渡辺勝也(わたなべ かつや)。2008年9月に二つ目昇進。2017年4月に真打昇進、「三遊亭橘也」から「三遊亭朝橘」に改名。

出囃子は『綱館』

来歴[編集]

2005年、六代目三遊亭圓橘に入門。前座で研鎖を積み、2008年9月に二つ目昇進。永谷商事両国で運営する多目的ホールのお江戸両国亭において定期的に開かれる円楽一門の定席「両国寄席」で修行を積む。

2017年、真打に昇進し「朝橘」と改名。

地元沼津においても積極的に寄席開催、テレビ出演等の活動を行っている。

主な演目[編集]

新作落語[編集]

二つ目時代から新作落語も披露しており、『またいつもの』、『墓穴』、『枕詞』、『お気の毒』、『むずがゆい』、『それって恋よね』などの作品がある。

人物・エピソード[編集]

  • 山下達郎の熱烈なファンであり、雑誌取材などでも度々言及している
  • 滑稽噺だけでなく、人情噺や『死ぬなら今』、『本膳』、『茄子娘』など現在演じ手の少ないマイナーな噺もこなす

略歴[編集]

TV[編集]

  • エネばな(SBSテレビ・CBCテレビ)(2015年9月~2018年3月)[1]

新聞・雑誌掲載[編集]

  • 沼津朝日新聞 平成20年10月4日号 沼津出身の噺家
  • 朝日新聞 むさしの版 2009年11月11日号
  • AERA No.40 2012年10月1日号「山下達郎が支えだった私たちの物語」

一門・師匠・兄弟子[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 「エネばな」”. SBS TV(静岡放送). 2018年7月1日閲覧。

外部リンク[編集]