三遊亭好青年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
三遊亭さんゆうてい 好青年こうせいねん
Koseien Sanyuutei
三遊亭(さんゆうてい) 好青年(こうせいねん) Koseien Sanyuutei
三ツ組橘は、圓楽一門の定紋である。
本名 ヨハン・エリック・ニルソン・ビョルク
Johan Erik Nilsson Björk
生年月日 (1985-10-03) 1985年10月3日(36歳)
出身地  スウェーデンウプサラ県ウプサラ市
師匠 三遊亭好楽
名跡 1. 三遊亭じゅうべえ
(2016年 - 2020年)
2. 三遊亭好青年
(2020年 - )
出囃子 ウプサラは最高
活動期間 2016年 -
活動内容 江戸落語
所属 五代目円楽一門会

三遊亭 好青年(さんゆうてい こうせいねん、1985年10月3日 - )は、スウェーデン出身の落語家である。五代目円楽一門会所属。

来歴[編集]

スウェーデン、ウプサラに生まれる[1]。日本のアニメーション漫画をきっかけに日本に興味を持つようになり、高校で日本語を学び、ストックホルム大学でも日本語を専攻した[2]

在学中、いずれも交換留学生として大学2年次に南山大学に、そして大学4年次には中央大学に通う。中央大学では勧誘を受け落語研究会に入部し、留学を終えストックホルム大学に復学した後も落語を続け、卒業論文のテーマにも落語を選んだ[2]

大学卒業後の2014年、演劇と落語を学ぶため再来日し、東京フィルムセンタースクールオブアート専門学校に入学する[3]。専門学校で演劇を学ぶ一方、出身地スウェーデンの企業であるボルボ・カーズイケアにちなんだ「ボルボ亭イケ也」の名前で落語会に出演した[4]

2016年7月、三遊亭好楽に入門。好楽にとって10番目の弟子だったことにちなみ、「じゅうべえ」の名を与えられた[2]

2020年8月より二ツ目に昇進、「好青年」に改名[5]

芸歴[編集]

出演[編集]

テレビ[編集]

出典[編集]

  1. ^ “初のスウェーデン人落語家誕生、好楽一門の「三遊亭じゅうべえ」”. スポーツ報知. (2016年12月5日). オリジナルの2017年4月1日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170401124402/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20161205-OHT1T50156.html 2019年10月22日閲覧。 
  2. ^ a b c d 海を越えた「アトツギ」 外国人落語家が見た「徒弟制度」、伝統に生きる覚悟と葛藤”. 生成発展. 朝日新聞社 (2019年10月6日). 2019年10月22日閲覧。
  3. ^ 徳橋功 (2015年1月23日). “ヨハン・ニルソン・ビョルクさん(スウェーデン)”. My Eyes Tokyo. 2019年10月22日閲覧。
  4. ^ 島貫泰介 (2019年6月25日). “北欧出身の落語家・三遊亭じゅうべえが見つめる日本社会の不思議”. Fika. CINRA. 2019年10月22日閲覧。
  5. ^ “三遊亭好楽、3密避けながら一門16人で川柳大会…賞金は好楽自腹で1万円”. スポーツ報知. (2020年5月26日). https://hochi.news/articles/20200526-OHT1T50005.html 2020年5月27日閲覧。 

外部リンク[編集]