三遊亭圓福

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

三遊亭 圓福(さんゆうてい えんぷく)は、落語家の名。

  • 先代 三遊亭圓福(1889年 - 1961年12月1日) - 戦前、戦中、戦後と寄席の色物「百面相」をやった。師匠改名順不明。立川談志が著書『談志楽屋噺』で紹介している「橘ノ圓福」は同一人物と思われる。本名は矢島光造。寄席で仕事中に脳溢血のため急逝。この時、楽屋に入って来た某真打から「まだ死なねェのか」とまで言われたという(『楽屋噺』より)。

三遊亭 圓福さんゆうてい えんふく
三遊亭 圓福
三ツ組橘は、圓楽一門の定紋である。
本名 大塚 信
生年月日 (1967-03-08) 1967年3月8日(50歳)
出身地 日本の旗 日本
師匠 5代目春風亭柳昇
5代目三遊亭圓楽
名跡 1. 不明(1994年 - 1997年)
2. 三遊亭福楽(1997年 - 2008年)
3. 三遊亭圓福(2008年 - )
出囃子 ぎっちょんちょん
活動期間 1994年 -
所属 落語芸術協会(1994年 - 1997年)
円楽一門会(1997年 - )

三遊亭 圓福(さんゆうてい えんぷく、1967年昭和42年)3月8日 - )福島県磐梯町出身の落語家。円楽一門会所属。本名は大塚 信。出囃子は『ぎっちょんちょん』。会津出身の落語家としては史上初めての真打(福島県内で二人目)お江戸両国亭を拠点に活躍中。

新作落語派。ジャケットにギター姿で高座に上がっていたこともある。

略歴[編集]

主な主演番組[編集]

出典・脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]