三迫将弘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

三迫 将弘(みさこ まさひろ、1952年4月14日 - )は、日本の元プロボクサー。戸籍上は三迫 正廣(読み方は同じ)。ボクササイズ発案者。トレーナー経て現在は渋谷三迫ボクシングジム会長。

愛媛県新居浜市で出生し、少年時代から読売ジャイアンツ長嶋茂雄に憧れ野球に打ち込み、新田高校から広島県広陵高校に転校し、高2のと高3のの甲子園にレギュラー、主に2番遊撃手として出場。島田洋七は3学年上、同期に佐伯和司ら。巨人・山下哲治スカウト部長、角川博(軟式)は1学年下となる。

明治大学進学が内定していたが、野球選手としては決して恵まれていない身長173cmの体格や家庭の経済状態を憂慮しプロボクサーを志し、1971年4月叔父である三迫仁志の経営する三迫ボクシングジム入門し翌月プロデビュー。兄弟子のWBAWBC世界スーパーウェルター級チャンピオン輪島功一スパーリング・パートナーや付き人を務め、1975年輪島からタイトルを奪った柳済斗に挑戦。健闘したものの6RKO負け。

1977年引退、通算23戦17勝10KO6敗。トレーナーに転向し三原正友利正ら名選手を育成。

現在は渋谷区で渋谷三迫ボクシングジム経営。

三迫ボクシングジム現会長の三迫貴志は従弟に当たる。

関連項目[編集]