三谷好憲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

三谷 好憲(みたに よしのり、1928年12月30日 - 1992年4月30日)は、宗教哲学者

イマヌエル・カント及びマルティン・ブーバーを研究。先輩上田閑照と親交があった。

略歴[編集]

島根県大田市の寺院で生まれる。一家は朝鮮に渡り布教活動に従事する。1945年旧制京城帝国大学予科入学、敗戦を元山で迎え、北緯38度線を突破して帰国する。1949年旧制龍谷大学予科卒業、1953年京都帝国大学文学部哲学科卒業、大学院哲学科(1962年まで)。1953年大阪市立汎愛高等学校英語教師、1963年大阪市立高等学校英語教師、1966年京都産業大学講師、1972年助教授、1978年教授。1979―80年米国イリノイ大学客員研修員。

親戚[編集]

著書[編集]

訳書[編集]

  • 『ブーバー著作集 5 かくれた神』(みすず書房、1983年)
  • 『ブーバー著作集 10 ブーバーの哲学的人間学』(みすず書房、1970年)
  • 『宗教哲学入門 / ウィリアム・H.キャピタン』(行路社、1983年)