三角関数の無限乗積展開

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

数学において、三角関数双曲線関数について無限乗積を用いた以下の恒等式が成立する。

初等的な考察[編集]

は複素平面全体で正則(マクローリン展開収束半径無限大)であるから無限次の多項式で表される。の零点はであるから、を定数として

微分して

を代入すればを得る。同様に

を代入すればを得る。但し、これは厳密な証明ではない。何故ならばを考慮していないからである。同じ方法での無限乗積展開を求めようとすると失敗するであろう。一般にはワイエルシュトラスの因数分解定理が必要になる。

証明[編集]

正弦関数の乗積展開を証明するには

として、恒等的にであることを示せば良い。そのためにの対数微分

を考える。余接関数の部分分数展開

を用いてとなるからは定数であり、が得られる。

ウォリス積[編集]

正弦関数の乗積展開

を代入すると

が得られる。これはウォリス積と呼ばれるものである。