三角錐数

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
n=5 のときの三角錐数である35個の。最初の5つの三角数に等しい個数の球を順番に段重ねしたものである。

三角錐数(さんかくすいすう、triangular pyramidal number)は球を右図のように三角錐の形にならべたとき、そこに含まれる球の総数にあたる自然数である。つまり三角数を1から小さい順に足した数のことである。四面体数(しめんたいすう、tetrahedral number)ともいう。

例: 1, 4 (=1+3), 10 (=1+3+6), 20 (=1+3+6+10), 35 (=1+3+6+10+15)

n 番目の三角錐数 Tn は1から n 番目の三角数 n(n + 1)/2 までのに等しいので

\begin{align} T_n = \sum_{k=1}^{n} \frac{k(k+1)}{2} &= \frac{1}{2} \left(\frac{n(n+1)(2n+1)}{6} + \frac{n(n+1)}{2}\right)\\                            &= \frac{n(n+1)(n+2)}{6}\\ \end{align}

また組み合わせの記号を用いると T_n = {}_{n+2}{\rm C}_{3} \, となる。

三角錐数を小さい順に列記すると

1, 4, 10, 20, 35, 56, 84, 120, 165, 220, 286, 364, 455, 560, 680, 816, 969, …(オンライン整数列大辞典の数列 A292

性質[編集]

  • 三角錐数でなおかつ四角錐数でもある数は 1 のみである。
  • 2つの連続する三角錐数の和は四角錐数になる。
  • 三角錐数の奇数番目は奇数の平方和、偶数番目は偶数の平方和で表される。(例.35=12+32+52、56=22+42+62)
奇数の時 \sum_{k=1}^n (2k-1)^2=\frac{(2n-1)\cdot 2n\cdot (2n+1)}{6}
偶数の時 \sum_{k=1}^n (2k)^2=\frac{2n(2n+1)(2n+2)}{6}
  • 三角錐数は奇数-偶数-偶数-偶数といった順番の繰り返しで現れる。
(奇数…オンライン整数列大辞典の数列 A015219、偶数…オンライン整数列大辞典の数列 A015220)
パスカルの三角形
モナド(単数)の数列 1, 1, 1, 1, 1, 1, 1, 1, 1,…, 1,…
自然数の数列 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9,…, {}_{n}{\rm C}_{1} \, ,…
三角数の数列 1, 3, 6, 10, 15, 21, 28, 36, 45,…, {}_{n+1}{\rm C}_{2} \, ,…
三角錐数の数列 1, 4, 10, 20, 35, 56, 84, 120, 165,…, {}_{n+2}{\rm C}_{3} \, ,…

となっている。上にある数列はその一つ下の数列の階差数列である。

\begin{align} \sum_{k=1}^{\infty} \frac{1}{\frac{k(k+1)(k+2)}{6}} &= 6 \sum_{k=1}^{\infty} \frac{1}{2} \left(\frac{1}{k} - \frac{2}{k+1} +\frac{1}{k+2}\right)\\ &= 3 \bigg\{\left(\frac{1}{1} - \frac{2}{2} + \frac{\not1}{\not3}\right) + \left(\frac{1}{2} - \frac{\not2}{\not3} + \frac{\color{Red}\not1}{\color{Red}\not4}\right) + \left(\frac{\not1}{\not3} - \frac{\color{Red}\not2}{\color{Red}\not4} + \frac{1}{5}\right) + \left(\frac{\color{Red}\not1}{\color{Red}\not4} - \frac{2}{5} + \frac{1}{6}\right) + \cdots \bigg\}\\ &= \frac{3}{2}\end{align}

関連項目[編集]

外部リンク[編集]