三菱電機伊丹製作所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯34度45分25秒 東経135度25分33秒 / 北緯34.757004度 東経135.425967度 / 34.757004; 135.425967 三菱電機伊丹製作所(みつびしでんきいたみせいさくしょ)とは、兵庫県尼崎市にある、創業地である神戸製作所と並ぶ三菱電機最大級の製作所・工場である。通称「伊電」。

社会システム事業本部配下の伊丹製作所、電子システム事業本部配下の通信機製作所、通信システム事業本部配下のコミュニケーション・ネットワーク製作所、電力産業システム事業本部配下の系統変電システム製作所、および同社最大の研究所である先端技術総合研究所と生産技術センターは、同じ敷地内に同居している。

概要[編集]

  • 敷地面積:約86ヘクタール (甲子園球場 22個分)
  • 従業員数:1611名 (系統変電システム製作所を含む。同敷地内の通信機製作所、先端技術総合研究所を合わせると、5000人を超える)

生産品[編集]

過去の生産品[編集]

沿革[編集]

  • 1921年1月15日 - 三菱造船電機製作所(神戸)から、三菱電機株式会社が独立。(創立記念日は、2月1日)
  • 1940年12月1日 - 神戸製作所の分工場(大阪工場)として設立。
  • 1942年7月 - 大阪製作所として独立。
  • 1944年1月 - 伊丹製作所に改称。
  • 1945年4月 - 神武稲野製作所に改称。
  • 1945年8月 - 再び伊丹製作所に改称。
  • 1946年1月 - 労働組合結成。
  • 1946年2月 - 職員組合結成。
  • 1948年3月 - 労働組合と職員組合が統合し、伊丹労働組合結成。
  • 1953年10月 - 無線機製造部門が分離し、無線機製作所(現 通信機製作所)として独立。
  • 1964年5月 - 伊丹製作所所管内に、小型遮断器・断路器等の量産工場として、三田工場を設立。
  • 1972年6月 - 伊丹製作所所管内に、外鉄形大型変圧器製造部門を移管し、赤穂工場を設立。
  • 1973年4月 - 応用機製造部を、応用機工場に改編。
  • 1977年4月 - 赤穂工場が赤穂製作所として独立。
  • 1979年10月 - 応用機工場を、再び応用機製造部として編入。
  • 1986年10月 - 三田工場が三田製作所として独立。
  • 1997年6月 - 伊丹製作所、赤穂製作所、神戸製作所の一部、本社の一部を統合し、系統変電・交通システム事業所となる。
  • 2001年4月 - 応用機製造部を、多田電機株式会社に移管。
  • 2002年10月 - 系統変電・交通システム事業所を、交通システム事業所、伊丹・赤穂地区統括事務所、ティーエム・ティーアンドディー株式会社(株式会社東芝との合弁会社、2005年4月に解消、現 系統変電システム製作所)に分割。
  • 2005年4月 - 交通システム事業所、伊丹・赤穂地区統括事務所を統合し、再び伊丹製作所に改称。

歴代所長[編集]

  • 初代工場長 - 山口 末三郎 (1940年 - 1941年)
  • 初代所長(第2代工場長) - 關 義長 (1941年 - 1945年)
  • 第2代所長 - 石黒 九一 (1945年 - 1947年)
  • 第3代所長 - 松本 惠作 (1947年 - 1948年)
  • 第4代所長 - 弘田 實禧 (1948年 - 1954年)
  • 第5代所長 - 大中 臣輔 (1954年 - 1958年)
  • 第6代所長 - 田宮 利彦 (1958年 - 1964年)
  • 第7代所長 - 松田 新市 (1964年 - 1966年)
  • 第8代所長 - 竹内 真一 (1966年 - 1969年)
  • 第9代所長 - 片岡 高示 (1969年 - 1973年)
  • 第10代所長 - 今北 孝次 (1973年 - 1975年)
  • 第11代所長 - 潮 恒郎 (1975年 - 1980年)
  • 第12代所長 - 志村 勲 (1980年 - 1983年)
  • 第13代所長 - 阿澄 一興 (1983年 - 1985年)
  • 第14代所長 - 岡本 元 (1985年 - 1989年)
  • 第15代所長 - 山内 敦 (1989年 - 1991年)
  • 第16代所長 - 久山 研一 (1991年 - 1993年)
  • 第17代所長 - 河村 博敏 (1993年 - 1997年)
  • 第18代所長 - 新野 修平 (1997年 - 1999年)
  • 第19代所長 - 大沼 昭栄 (1999年 - 2002年)
  • 第20代所長 - 伊藤 克明 (2002年 - 2002年)
  • 第21代所長 - 金田 順一郎 (2002年 - 2006年)
  • 第22代所長 - 小尾 秀夫 (2006年 - 現職)

アクセス[編集]

JR西日本 JR宝塚線(福知山線) 塚口駅 徒歩約10分
阪急電鉄 神戸線 塚口駅 徒歩約15分

関連項目[編集]

参考文献[編集]

三菱電機HP
『三菱電機伊丹製作所四十年のあゆみ』 伊電史編集委員会、1981年、340頁。
『三菱電機伊丹製作所五十周年記念誌』 伊電50周年記念誌編集委員会、1991年、157頁。