三菱重工神戸・高砂硬式野球部

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
三菱重工業 > 三菱重工神戸・高砂硬式野球部
三菱重工神戸・高砂硬式野球部
チーム名(通称) 三菱神戸・高砂、重工神戸・高砂、三菱重工神戸・高砂
加盟団体 日本野球連盟
加盟区分 企業チーム
創部 1918年
チーム名の遍歴
  • 三菱造船神戸 (1918 - 1933)
  • 三菱重工神戸 (1934 - 1949)
  • 中日本重工業神戸 (1950 - 1951)
  • 新三菱重工神戸 (1952 - 1963)
  • 三菱重工神戸 (1964 - 2014)
  • 三菱重工神戸・高砂 (2015 - )
本拠地自治体
練習グラウンド 三菱二見グラウンド(兵庫県明石市
チームカラー 赤色、黒色
監督 富光男
都市対抗野球大会
出場回数 34回
最近の出場 2017年
最高成績 準優勝
社会人野球日本選手権大会
出場回数 22回
最近の出場 2017年
最高成績 優勝
全日本クラブ野球選手権大会
出場回数 ※出場資格なし

三菱重工神戸・高砂硬式野球部(みつびしじゅうこうこうべ・たかさごこうしきやきゅうぶ)は、兵庫県神戸市高砂市に本拠地を置き、日本野球連盟に加盟する社会人野球の企業チームである。

母体は三菱重工業であり、神戸地区(三菱重工業)と高砂地区(三菱重工業・三菱日立パワーシステムズ)を拠点としている[1]

概要[編集]

1918年創部であり、三菱重工業が母体の硬式野球部の中では1917年創部の三菱重工長崎硬式野球部に次いで2番目に古い歴史を持つ。

1962年都市対抗野球に初出場し、1970年都市対抗野球では決勝で左腕・安田猛を擁する大昭和製紙と対戦し、延長14回引き分け再試合の末に敗れ準優勝となった。

1974年日本選手権に初出場しベスト8入りし、1997年日本選手権では初優勝を果たした。

2015年、予てより神戸と高砂の両地区を拠点としていた経緯から、チーム名を『三菱重工神戸・高砂硬式野球部』に改称した[1][2]都市対抗野球大会では、神戸市高砂市両方の代表となる。

設立・沿革[編集]

  • 1918年 - 『三菱造船神戸』として創部。
  • 1934年 - 本社改称に伴い、チーム名を『三菱重工神戸』に改称。
  • 1950年 - 本社改称に伴い、チーム名を『中日本重工業神戸』に改称。
  • 1952年 - 本社改称に伴い、チーム名を『新三菱重工神戸』に改称。
  • 1962年 - 都市対抗野球に初出場(初戦敗退)。
  • 1964年 - 本社改称に伴い、チーム名を『三菱重工神戸』に改称。
  • 1970年 - 都市対抗野球で準優勝。
  • 1974年 - 日本選手権に初出場(8強)。
  • 1997年 - 日本選手権で初優勝。
  • 2015年 - 体制変更に伴い、チーム名を『三菱重工神戸・高砂』に改称。

練習場[編集]

主要大会の出場歴・最高成績[編集]

主な出身プロ野球選手[編集]

元プロ野球選手の在籍選手[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b チーム名称変更のお知らせ”. 三菱重工神戸・高砂硬式野球部公式サイト (2015年1月5日). 2016年12月19日閲覧。
  2. ^ チーム情報 2015年 登録・変更情報”. 日本野球連盟. 2016年12月19日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]