三菱地所コミュニティ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
三菱地所コミュニティ株式会社
Mitsubishi Jisho Community Co., Ltd.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
102-0075
東京都千代田区三番町6番地1
設立 1969年12月(藤和管理株式会社)
業種 不動産業
法人番号 1010001091664
事業内容 不動産管理業(マンション管理業
代表者 清沢光司(代表取締役社長)
資本金 1億円(2015年12月現在)
売上高 337億433万4千円(2014年3月期)
営業利益 22億2,756万3千円(2014年3月期)
総資産 129億3,178万円(2014年3月31日現在)
従業員数 単体:5,014名(2016年4月1日現在)
主要株主 三菱地所コミュニティホールディングス 100%
三菱地所グループ71.5%、丸紅28.5%の持株会社)
外部リンク http://www.mec-c.com
特記事項:商号変更は#沿革を参照
テンプレートを表示

三菱地所コミュニティ株式会社(みつびしじしょコミュニティ)は、三菱地所グループのマンション管理会社である。

沿革[編集]

  • 1969年12月 - 藤和不動産(現・三菱地所レジデンス)管理部より分離独立し、藤和管理株式会社を設立。
  • 1988年11月 - 社名を藤和コミュニティ株式会社に変更。
  • 1989年3月 - 三菱地所住宅販売(現三菱地所リアルエステートサービス)の分譲住宅管理専門会社として、三菱地所住宅販売全額出資のもとに株式会社ダイヤコミュニティーを設立。
  • 1999年4月 - 三菱地所住宅販売より、ダイヤコミュニティーの総発行株式数の60%を三菱地所に譲渡。
  • 2003年4月 - ダイヤコミュニティーが、商号を三菱地所コミュニティーサービス株式会社に変更。
  • 2005年3月 - 三菱地所と藤和不動産が戦略的パートナーシップ構築の目的で業務・資本提携を実施し、三菱地所は藤和コミュニティの総発行株式数の51%を取得。
  • 2006年4月1日 - 存続会社を藤和コミュニティとして、三菱地所コミュニティーサービスと藤和コミュニティが合併し、商号を三菱地所藤和コミュニティ株式会社とする[1]
  • 2008年12月22日 - 藤和不動産保有の全株式を三菱地所が取得する。
  • 2011年3月31日 - 株式会社ジェイケイコミュニティーの全株式を取得し完全子会社化する。
  • 2011年4月1日 - 社名を三菱地所コミュニティ株式会社に変更。
  • 2011年12月1日 - 株式会社ジェイケイコミュニティーと合併(吸収合併)。
  • 2014年7月1日 - 丸紅グループの旧丸紅コミュニティ株式会社(三菱地所丸紅住宅サービス株式会社に改称)と共同株式移転を行い、持株会社三菱地所コミュニティホールディングス株式会社を設立。その完全子会社となる[2][3]
  • 2015年1月1日 - 子会社のMTコミュティスタッフ株式会社を吸収合併。
  • 2016年4月1日 - 三菱地所丸紅住宅サービス株式会社を吸収合併[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 同年2月20日『官報』第4280号24ページ「合併公告」
  2. ^ 三菱地所と丸紅、マンション管理事業経営統合のお知らせ三菱地所株式会社・丸紅株式会社、2014年3月28日
  3. ^ 「三菱地所コミュニティホールディングス」発足三菱地所株式会社・丸紅株式会社、2014年6月20日
  4. ^ 三菱地所コミュニティ㈱と三菱地所丸紅住宅サービス㈱の合併に関するお知らせ三菱地所株式会社・丸紅株式会社など、2016年1月12日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]