三菱・コルト1000

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
三菱・コルト1100から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
三菱・コルト1000
A20/21/22/23/25/27型
三菱コルト1000/三菱オートギャラリー
Mitsubishi Colt1000.jpg
ニューコルト1200カスタム/三菱オートギャラリー
New colt1200.JPG
コルト1500
Mitsubishi-Colt1500.jpg
販売期間 1963年7月1970年11月
デザイン ハンス・S・ブレッツナー
乗車定員 5人
ボディタイプ 2/4ドアセダン
3/5ドアライトバン
エンジン 水平直列型 OHV 4気筒 977 cc 51 ps
駆動方式 FR
全長 3.820 mm
全幅 1.490 mm
全高 1.420 mm
車両重量 840 kg
生産台数 29万7047台
後継 三菱・コルトギャラン
-自動車のスペック表-

コルト1000 (COLT 1000)は、三菱自動車工業の前身である新三菱重工業、後に三菱重工業が製造・販売していた自動車である。

本稿では、改良型であるコルト1100コルト1200コルト1500についても記述する。

概要[編集]

1963年(昭和38年)7月、従来のコルト600の上位車種として登場。当時流行のフラットデッキスタイルを備えた、三菱初の4ドアセダンであった。

ジープの国産化やシルバーピジョン・スクーターなどから小型車生産に携わるようになった名古屋市・大江の名古屋自動車製作所および京都市の京都製作所を中心とした開発グループの手になるモデルである。同じ新三菱系ながら、オート三輪トラック「みずしま」の開発・生産を起源とする岡山県の水島自動車製作所の製品(軽自動車の初代ミニカ2ストロークエンジン車のコルト800)とは完全に別系統のモデルであった。

当初1000でスタートし、2年後にはデボネアとの格差を埋めるために1500シリーズを追加。1000は後に排気量をアップし1100シリーズに移行する。1968年(昭和43年)5月にはニュー・コルトとして同一ボディの1200/1500シリーズに収束する。後期にはコルトシリーズ初の本格的ホットモデル、1500スーパースポーツ(SS)が存在したこともあった。

堅実な設計だが特徴の薄い小型セダンで、1960年代中期に盛んであった競合メーカー各社の新車攻勢の中ではさしたる成績を収めるには至らなかった。1969年(昭和44年)のコルトギャランの登場によりコルトは1200のみに整理されたが、しばらくの間細々と販売されていた。

歴史[編集]

1963年(昭和38年)7月、発売。三菱初の量産型4ドアセダンで、また、KE43型と命名されたOHV直列4気筒水冷エンジンも三菱の量産乗用車用としては初のものである。最高出力51 ps 最高速度125 km/h デザインは初代デボネアに先行して、ゼネラル・モーターズ出身のハンス・S・ブレッツナーが関与している。

1964年(昭和39年)5月鈴鹿サーキットで行われた第2回日本グランプリ自動車レースツーリングカー・T-III部門)に参戦し、加藤爽平、横山徹、石津祐介、田中八郎、この4名によって優勝を飾るとともに4位までを独占した。

1965年(昭和40年)10月KE45型OHV・水冷直列4気筒エンジンを搭載した1500発売。デボネア6気筒シリンダーブロックをベースに、ボアを広げて4気筒用としたもの。最高出力70 ps 最高速度140 km/h 外観は丸型4灯式ヘッドランプとなり、また1000と基本的ボディデザインは共通ながらも全長、ホイールベース共に延長された。

1966年(昭和41年)9月コルト1000Fコルト800のボディに1,000 ccユニット搭載)デビューと同時にセダン1000も1,100 cc(KE44型OHV・水冷直列4気筒エンジン)へ変更。最高出力58 ps 最高速度135 km/h 日本メーカーとしては初の1.1リッターユニットで「プラス100 ccの余裕」で有名な初代トヨタ・カローラのデビューより2か月早かった。

1966年(昭和41年)12月、1500スポーツセダンを追加。1100のボディに1500用パワーユニットを搭載。最高出力は70 psと標準型1500と変わらず。最高速度は145 km/h。1100スポーティDXと共通の黒塗りフロントグリルが装着され、メカニズム面では三菱車としては初のフロントディスクブレーキが採用された。

1968年(昭和43年)5月、マイナーチェンジ。セダン系は角型ヘッドランプとなる。ボディは1500のものに一本化され、また従来の1,100 ccは1,200 cc(KE46型OHV・水冷直列4気筒エンジン)に変更された。メカニズム面ではチルトステアリングを採用。1200は最高出力62 ps 最高速度140 km/h

1968年(昭和43年)8月、1500スーパースポーツを追加。標準型1500に対し、圧縮比8.5を10.0に高め、またSUツインキャブレターを装着して最高出力85 ps 最高出力155 km/h。

1969年(昭和44年)12月コルトギャランの発売開始に伴い、1200のみに車種整理されるが翌1970年(昭和45年)11月をもって販売終了となった。

後継車[編集]

1969年(昭和44年)12月にコルトギャランが発売されるが、コルトギャランはトヨペット・コロナダットサン・ブルーバードのライバルとなるべく車格が大型化したため、三菱のコンパクトセダンが復活するのは1973年(昭和48年)登場のランサーまで待たなければならなかった。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]