三笠フーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
三笠フーズ株式会社
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本
530-0001
大阪府大阪市北区梅田1丁目1番3号
大阪駅前第3ビルB200号
設立 1977年
業種 食料品
事業内容 の加工および販売
代表者 冬木三男
資本金 1,000万円
主要子会社 辰之巳、辰之巳米穀
テンプレートを表示

三笠フーズ株式会社(みかさフーズ)は、大阪市北区に本社を置く米穀類の製粉、加工、販売を行っていた企業である。

沿革[編集]

事故米転売問題[編集]

農薬のメタミドホスアセタミプリドが残留している米や、発癌性のあるカビからできた毒のアフラトキシンB1を含んだ米であるいわゆる事故米穀ベトナム産うるち米、中国産もち米など[2])を、工業用(非食用)として仕入れておきながら、酒造会社や菓子メーカーに転売したことが農水省の調べにより発覚した[3]。1997年に合併した宮崎商店は、以前から不正転売を行っていたと報じられている[4]。同社は、農林水産省の要請により、商品の自主回収を行っている[5]。問題の発覚後、三笠フーズは全従業員を解雇し、事業の縮小を図ることを発表した[6]。この事件の対応の責任を取り、太田誠一が2008年9月18日に農林水産大臣を辞任している。

「工業用として売買された」という農水省と三笠側の説明を多くの報道ではそのまま流しているが、主要接着剤メーカーが取材で「自社でも他社でも米を原料にしているなどありえない」とコメントする[7]

自主回収商品一覧[編集]

農林水産省公表の汚染米出荷先[編集]

政界との関係[編集]

三笠フーズのグループ会社である「辰之巳」と「辰之巳米穀」(双方とも冬木三男が社長を兼務)が、2003年から2007年までの間に、自民党大阪市鶴見区第3支部(坪井一宇の妻が代表)へ計112万円を献金していた事が、2008年9月18日に発覚した。自民党支部は献金が正当なものであると主張して返還しなかった[8]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 【事故米不正転売】三笠フーズが従業員「全員解雇」 農水省調査は長期化か 産経新聞・2008年9月9日付
  2. ^ 三笠フーズ株式会社に売却した非食用事故米穀 (PDF) 農林水産省
  3. ^ 三笠フーズによる事故米穀横流しの流通経路 (PDF) 農林水産省
  4. ^ 2008年9月7日付毎日新聞
  5. ^ 非食用の事故米穀の不正規流通米の回収について 農林水産省・プレスリリース平成20年9月5日
  6. ^ 三笠フーズ、全従業員を解雇へ 事業は縮小して継続 asahi.com 2008年9月10日
  7. ^ J-CASTニュース「工業用糊に限り販売」農水省の説明は大ウソだった 工業用糊メーカーの大手ヤマト、不易糊工業、住友3Mではいずれも、澱粉糊のうち「米を原料にしているものはない」「米を原料に糊を作っているメーカーがあるという話は聞いたことがない」と回答。
  8. ^ 【事故米不正転売】三笠グループ会社が自民支部に献金 4年間で112万円 産経新聞 2008年9月18日

関連項目[編集]