三碧木星

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
後天定位盤
三碧が中宮の場合

三碧木星 (さんぺきもくせい)とは、占いに用いられる九星の一つ。後天定位盤において東に位置する。

四緑木星と同じ木に属するが、三碧木星は、木としてはまだ若くこれから成長する木を表すという。

日の九星においては、夏至前後に九星の閏を置く場合、その期間中の甲午の日を三碧として陽遁から陰遁に切り替わる。その際前の陽遁最終日と合わせて三碧が2日続く。

属性[編集]

  • 五行 - 木
  • 八卦 - 震(しん)
  • 十干 - 甲、乙
  • 十二支 - 卯
  • 季節 - 春
  • 方位 - 東
  • 月 - 3月
  • 時間 - 5時~7時
  • 数 - 三、八
  • 色 - 青色
  • 味 - 酸味

象意[編集]

  • 激しい、動く、繁栄、明朗、指揮者、管理職、宣伝、メッセージ、連絡、通信、交信
  • 音、声、音楽、評判、雷鳴(の音)、波動音波電波などの波全般)、地震、電気

他の星との関係(相性)[編集]

三碧木星の(中宮になる)年[編集]

西暦年を9で割って8余る年が三碧木星の年となる。

‥‥ - 1934年 - 1943年 - 1952年 - 1961年 - 1970年 - 1979年 - 1988年 - 1997年 - 2006年 - 2015年 - 2024年 - 2033年 - 2042年 - 2051年 - 2060年 - 2069年 - ‥‥