三田証券

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
三田証券株式会社
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
103-0026
東京都中央区日本橋兜町3-11[注 1]
設立 1949年
業種 証券、投資顧問業、商品先物取引業
法人番号 6010001058171
金融機関コード 0646
事業内容

金融商品取引業貸金業金銭債権の売買業務、生命保険の募集に関する業務、不動産の賃貸業務、宅地建物取引業不動産特定共同事業

[1]
代表者 三田邦博(取締役社長)
資本金 5億円
従業員数 91名(平成30年3月現在)
主要株主 三田邦博 (55.0%)[2]
外部リンク https://mitasec.com/
特記事項:当社は以下の業登録を行っている。
金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第175号
貸金業者 東京都知事(6)第27088号
宅地建物取引業 東京都知事(1)第9342号
不動産特定共同事業 東京都知事第76号
テンプレートを表示

三田証券株式会社(みたしょうけん)は、1949年創業の東京都中央区日本橋兜町3-11に本社を置く証券会社である。関東財務局に(金商)第175号として登録されている金融商品取引業者であり、日本証券業協会東京都宅地建物取引業協会日本貸金業協会会員に加入している。また、日本の証券会社の中で唯一、不動産特定共同事業者許可を受けている。ウェルス・マネジメント業務、融資関連業務、投資銀行業務、自己売買業務、不動産関連業務等を行っている。ユニークな商品の組成[注 2] [注 3]や特殊案件への取り組み[注 4]において、他の中堅証券とは路線を異にする。2003年3月期からは最終損益が黒字での業績推移が続いている。大阪、シンガポールに支店を持ち、2010年にユニマット証券株式会社を吸収合併、2017年にはシンガポールの会計事務所EJ Consultancy Servicesを買収し、子会社化している。

企業理念[編集]

三田証券では、次の3つの理念を企業理念としており、これを役職員全員で「6つのS」を基本的理念として共有。そして証券業を通し、顧客の目標実現、更には日本経済の健全な発展に貢献することを目標としている。[3]

  • Sincere:当社役職員は、顧客に、パートナーに、法令に、株主に対して、誠実に行動する。
  • Soft&Service:当社役職員は、独自のノウハウと最高のサービスで、付加価値の高いビジネスを提供する。
  • Small,Slim&Speedy:当社は、小さく筋肉質な組織で、スピーディな意思決定を行う。

沿革[編集]

  • 1949年7月 三田証券株式会社創業
  • 1968年4月 証券業免許取得
  • 1998年12月 証券業登録
  • 2003年3月 貸金業登録
  • 2003年4月 東京証券取引所総合取引参加者資格取得
  • 2003年10月 元引受業務許可取得
  • 2004年12月 ジャスダック取引所取引参加者資格取得
  • 2005年1月 札幌証券取引所特定正会員加入(2008年12月に脱退)
  • 2007年9月 
    • 第一種金融商品取引業登録
    • 大阪証券取引所取引参加者資格取得
  • 2009年9月 TOKYO AIM取引所取引参加者資格取得
  • 2010年9月 
    • ユニマット証券株式会社を吸収合併
    • 東京金融取引所取引参加者資格取得(2012年12月資格喪失)
  • 2011年4月 宅地建物取引業免許取得
  • 2012年2月 投資助言・代理業登録(2013年4月登録廃止)
  • 2014年6月 不動産特定共同事業法に基づく第一号・第二号事業許可取得
  • 2014年12月 シンガポール支店設置
  • 2016年12月 不動産特定共同事業法に基づく第三号・第四号事業許可取得
  • 2017年8月 EJ CONSULTANCY SERVICES PTE.LTE(シンガポール)を子会社化

脚註・出典[編集]

脚註[編集]

  1. ^ ユニマット証券の買収に伴い、本社を移転した。
  2. ^ 蝶野正洋氏と組んでプロレス興行をファンド化した livedoor news(http://news.livedoor.com/article/detail/3236922/
  3. ^ ファンドを活用して町家を再生している。日本経済新聞 (https://www.nikkei.com/article/DGXLRSP442672_X10C17A4000000/
  4. ^ 佐々木ベジ氏が富士通と繰り広げたTOB合戦において、佐々木ベジ氏側の公開買付代理人を務めていた。

出典[編集]

  1. ^ [1]三田証券ホームページ 会社概要
  2. ^ [2]業務及び財産の状況に関する説明書 平成30年3月期
  3. ^ [3]三田証券ホームページ Mission

外部リンク[編集]