三田英彬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

三田 英彬(みた ひであき、1933年 - 2004年7月16日)は、日本ノンフィクション作家文芸評論家。日本文芸家協会会員、日本推理作家協会会員。

人物[編集]

北海道函館市生まれ。横浜市立大学文理学部卒業慶應義塾大学大学院文学研究科修士課程修了学研編集部勤務を経てフリー・ライターとなり、文芸評論、近代文学研究などに従事。『北方領土・悲しみの島々』『戦後 幻のドン』『棄てられた四万三千人』などのノンフィクションを刊行。1977年、第一回「週刊読売」ノンフィクション賞に入選。1983年、上田女子短期大学教授。1990年、湘南短期大学教授。1992年、『芸術とは無慚なもの―評伝鶴岡政男―』でドゥマゴ文学賞受賞(選考:吉本隆明)。1994年、大正大学文学部教授。2000年、『反近代の文学』で大正大学博士(文学)。2004年3月、大正大学を定年退職。同年7月16日、突発性間質性肺炎のため死去。[1]70歳没。

著書[編集]

  • 北方領土 悲しみの島々 講談社 1973
  • 泉鏡花の文学 桜楓社 1976 (近代の文学)
  • 戦後幻のドン 現代評論社 1979.6
  • 早稲田・慶応どちらが損か得か 山手書房 1980.2
  • 棄てられた四万三千人 三一書房 1981.4
  • ユーモアのない人は成功しない 人間関係を180度変えよう 日新報道 1983.8
  • 老境をゆたかに 文学にみる老人像 時事通信社 1983.7
  • 間違えると恥をかく“ことわざ"常識の本 あなたの知性は3倍豊かになる 文化創作出版 1984.4 (マイ・ブック)
  • 誰も知らなかった"タブー"の本 思わずドキッとする「言い伝え」の妙 文化創作出版 1986.9 (マイ・ブック)
  • 異端・放浪・夭逝の画家たち ブレーン出版 1989.7
  • 芸術とは無慚なもの 評伝・鶴岡政男 山手書房新社 1991.12
  • ユーモアとジョークがよく身につく 人生を面白く生き、人間関係を滑らかにする技術 日本実業出版社 1993.5 (エスカルゴ・ブックス)
  • 忘却の島サハリン 北方異民の「いま」を紀行する 山手書房新社 1994.5
  • 作家の死を読む 明治・大正・昭和の 人生の終局に臨むそれぞれの生き方 日新報道 1995.5
  • 泉鏡花 (編) 国書刊行会 1996.3 (日本文学研究大成)
  • 反近代の文学 泉鏡花・川端康成 おうふう 1999.5
  • 青函隧道 1999.4 (小学館ライブラリー)
  • <評伝>竹久夢二 時代に逆らった詩人画家 芸術新聞社 2000.5
  • 菜の花畑に入り日うすれ 童謡詩人としての高野辰之 理論社 2002.5

脚注[編集]

  1. ^ 会員・三田英彬氏死去日本推理作家協会会報2005年1月号 2012年3月5日閲覧。

参考[編集]