三田完

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

三田 完(みた かん、1956年3月18日 - )は、日本小説家俳人

略歴[編集]

作品リスト[編集]

小説[編集]

  • 絵子(2001年8月、文藝春秋)
  • 暗闇坂(2003年6月、文藝春秋)
  • 俳風三麗花(2007年4月、文藝春秋)
  • 乾杯屋(2008年4月、文藝春秋)
  • 当マイクロフォン(2008年6月、角川書店)
  • 櫻川イワンの恋(2009年6月、文藝春秋)
  • マリちゃん(2009年7月、幻冬舎)
  • 草の花(2011年5月、文藝春秋)
  • モーニングサービス(2012年1月、新潮社)
  • 黄金街(2012年4月、講談社)
  • 俳魁(2014年2月、角川書店)
  • 単行本未収録作品
    • 「寒花火」(『小説宝石』2003年10月号)
    • 「波動 Vibration」(『小説現代』2010年7月号)
    • 「酸いも甘いも」(季刊『四季の味』2012年10月号~13年7月号)
    • 「アガスティア」(『小説すばる』2017年1月号)

共著[編集]

  • 10分間の官能小説集(2012年6月、講談社文庫)……短編「鼈(スッポン)」所収

エッセイ集[編集]

  • 歌は季につれ(2013年2月、幻戯書房) 

評伝[編集]

  • プレイバック 70~80年代のスター群像を創り上げたスーパー・プロデューサー酒井政利の輝跡(1995年7月、三天書房)
  • あしたのこころだ 小沢昭一的風景を巡る(2015年3月、文藝春秋)
  • 不機嫌な作詞家 阿久悠日記を読む(2016年7月、文藝春秋)