三浦道雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

三浦 道雄(みうら みちお、1918年大正7年)11月12日-1993年平成5年)10月6日)は日本の政治家、実業家。青森県議会議長南部鉄道社長、東北電力監査役

略歴[編集]

1918年(大正7年)11月12日に青森県三戸郡五戸町に生まれる。1942年昭和17年)、法政大学経済学部を卒業する。

五戸町議会議員・議長を経て、1948年(昭和23年)に青森県議会議員に当選(9期当選)する。1962年(昭和38年)に青森県議会議長に就任する。

また、1949年(昭和24年)に南部鉄道常務に就任、1952年(昭和27年)に専務に就任、1959年(昭和34年)に東北電力監査役に就任し、1960年(昭和35年)に南部鉄道社長に就任する。

1974年(昭和49年)に藍綬褒章を受章し、1989年(平成1年)に勲三等瑞宝章を受章する。

1993年(平成5年)10月6日に死去、74歳。

参考文献[編集]