三浦真一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

三浦 真一郎(みうら しんいちろう、1946年7月4日 - 2000年11月20日)は、日本プロ野球セントラル・リーグ審判

熊本県宇城市(旧・宇土郡不知火町)出身。日本大学鶴ヶ丘高等学校から日本大学在学中、神宮外苑草野球場で審判をしていたところをパシフィック・リーグ審判の道仏訓にスカウトされ、1969年セ・リーグ審判部に入局。1985年限りで引退。

略歴[編集]

大柄な身体と歯切れのよい言葉で、アメリカナイズされたセンス抜群の審判として知られ、1972年に一軍昇格を果たし、1983年の日本シリーズではベテラン審判ぞろいの中にあって当時としては異例の抜擢で日本シリーズ第4戦で球審もつとめる。また、1981年平光清らとともにいち早く当時あまり普及していなかったインサイドプロテクターを取り入れるなど、審判界の革命児的な存在であった

1985年8月、一身上の都合により突然引退(そのため袖番号をつけられないという事態に)。通算試合出場数は17年(一軍実働14年)で1500を超える。オールスターゲーム1回(1981年のみ)、日本シリーズ1回出場。その後、少年野球草野球の審判指導を行うかたわら、「プロ野球ウォッチャー」として、テレビや雑誌などで活躍する。著書に『プロ野球 アウトセーフも胸三寸』『プロ野球 これだけ言ったら気が晴れた』(いずれもKKベストセラーズ)などがあり、審判界およびプロ野球界の裏側を暴露している。

厳格を旨とする審判の世界において、遊び心旺盛な審判であり、さまざまなエピソードを残している。「巨人江川卓の恋人」(江川が先発で、三浦が球審の時の江川の勝敗は12勝1敗1S。1983年の日本シリーズ出場時も、当時の富澤宏哉審判部長に球審日の希望を聞かれ、江川先発日にあわせて球審志願したという。三浦と江川は偶然にもともに横浜市緑区(当時。三浦の住所は晩年では青葉区)に住んでいた)、「阪神掛布雅之の愛人」(掛布が打席に入る前、三浦の身体に触ると、掛布はよく本塁打を連発した)とも呼ばれた。また、大洋田代富雄も、三浦の身体に触れるとよく本塁打を打ったと述懐している。

江川のプロ初登板となったイースタン・リーグのロッテ戦(後楽園球場)では一軍審判員でありながら球審に嫌々かり出されたものの、一球見た途端、その球の素晴らしさに度肝を抜いた。江川との縁はこの時から始まっているようである。

また、打者が2ストライクとなった時には、派手な見逃し三振のコールをしたくて今か今かと待ち構えている様子がテレビでも放送されていた。打者が空振り三振した時は、弓を射るような独特のポーズが特徴であった。インサイドプロテクターとともに、長いスロートガードがトレードマークだった。

現役時代からの心労および不摂生(好きで大食漢でもあった)がたたったのか、胃癌により2000年11月20日に没。享年54。ちなみに、小林毅二元セ・リーグ審判部長とは、日大時代の同級生である。セ・リーグには同年代の審判は小林しかいなかったが、あまり仲がよくなかったのか、三浦の著書には小林に関する記述はあまり出てこない。

江夏豊江本孟紀大矢明彦(元ヤクルト)、中畑清といったセ・リーグのスター選手と親交が深く、フジテレビの「珍プレー好プレー大賞」や映画「プロ野球を10倍楽しく見る方法」シリーズでもその姿を見られることが多かった。また、江夏、江本、掛布の他、川藤幸三古沢憲司平田勝男など阪神の選手とは特に親交が深かった。地味だったプロ野球審判のイメージを変えた、ショーアップ審判の走りといえるだろう。また大変な女好きであり、そのためか現役中に離婚歴がある。グラウンド内外でよくそのことを野次られていたようである。また、1993年にはチケット売買で530万円を騙し取ったとして詐欺容疑で逮捕されている。

若手の時は平光元副部長の指導を受けることが多く、逆によくかわいがっていた後輩には井野修初代両リーグ統合審判長、鷲谷亘がいる。また、先輩審判の松橋慶季とはツーカーの仲で、ゴルフや飲食など、公私共に一緒に行動していた。強打者・江藤愼一江藤省三兄弟とは実家が非常に近く、幼馴染である。

1982年中日ドラゴンズ大洋ホエールズの最終戦で球審を勤めた(ドラゴンズの優勝決定試合)。この試合において中日の田尾安志と大洋の長崎慶一との間で首位打者争いがあり、敬遠攻め(一種の敗退行為)にあった田尾はタイトルを取れず、長崎が首位打者の栄冠に輝いている。中日の試合では1984年宇野勝の前走者追い越し問題(前走者は大島康徳)の際に球審として「宇野選手が前の選手を追い越しましたのでアウトにいたします。」と判定した。

関連項目[編集]