三浦権五郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
 
三浦 権五郎
時代 江戸時代後期 - 明治時代
生誕 天保4年5月9日[1]1833年6月26日
死没 明治36年(1903年11月17日
改名 正之助(幼名)→為質→権五郎
別名 権五郎(通称)
墓所 了法寺和歌山県和歌山市
官位 従五位下長門守従五位[2]男爵
主君 徳川斉順斉彊慶福茂承
紀州藩家老和歌山藩権大参事
氏族 三浦氏
父母 父:三浦為章、母:岡田上芳の娘
兄弟 辰之助、興之丞、嘉之丞、権五郎水野正義
正室:木下利愛の六女・はる
養女:、養子:次郎三七
テンプレートを表示

三浦 権五郎(みうら ごんごろう)は、江戸時代後期から末期(幕末)にかけての紀州藩家老。三浦長門守家第8代当主。官位従五位下長門守爵位男爵明治維新後に名乗った権五郎通称であり、為質(ためもと)である。

生涯[編集]

天保4年(1833年)5月9日[1]紀州藩家老三浦為章の四男として生まれる。幼名正之助。天保12年(1841年)3月、名を為質(ためもと)と改め、父の死去により同年4月7日に家督と知行1万5,000石を相続したが、まだ9歳という若年であったため家老の矢部某が傅役を務めた[3]弘化3年(1846年)7月26日に和歌山城の天守曲輪が落雷で焼失すると、翌27日まで混乱する城下町の警衛の任に当たった。弘化5年(1848年)5月1日、藩主・徳川斉彊に初めて拝謁し、同年5月27日には斉彊を烏帽子親として和歌山城で元服の儀が行われた[3]

嘉永5年(1852年)9月には江戸に出府し、同年10月15日に江戸城で第12代将軍徳川家慶将軍世子・徳川家定に拝謁。同年12月16日に長門守に叙任した後[3]、12月26日に江戸を発ち、翌嘉永6年(1853年)1月22日に和歌山に帰国。同年5月には備中足守藩主・木下利恭の妹(先代藩主・木下利愛の娘)と婚姻[3]。嘉永7年(1854年)に異国船が測量のため和歌山近海に出没すると、雑賀崎など沿岸部の警衛を務めた。文久2年(1862年)12月に江戸に出府し、翌文久3年(1863年)2月16日に江戸城で紀州帰国の命を拝する。同年3月1日に江戸を出発するが、帰国途中に京都で7日間滞在。京都滞在中は中川宮に拝謁したり、近衛家鷹司家を訪問したりした後、藩主・徳川茂承に従って参内している[4]。同年3月25日に和歌山に帰国。

明治元年(1868年)に律令制の廃止とともに長門守などの国司も廃止されたため、以後は権五郎(ごんごろう)を名乗る[3]。明治2年(1869年)10月16日に和歌山藩権大参事に任官したが、翌明治3年(1870年)8月に病を理由に辞任した[3]。明治7年(1874年)10月に権五郎は旧和歌山藩士の中心となって藩祖・徳川頼宣を祀る神社の創建運動を始め、同年11月に南龍神社の創建が許可されると、明治9年(1876年1月15日には南龍神社の社司となった[3]

明治10年(1877年)には第四十三国立銀行(現在の紀陽銀行)設立の発起人となり、翌明治11年(1878年)に開業。初代頭取は養子の三七が務めた。明治17年(1884年11月28日教部省権中講義に任官[3]。明治30年(1897年)には旧藩士によって設立された徳義社の議長となる。明治33年(1900年5月9日に特旨を以て華族に列し、男爵に叙される。

明治36年(1903年11月17日、死去。家督は離籍した三七の長男・英太郎が相続した。

栄典[編集]

系譜[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b 『人事興信録』
  2. ^ 秀英舎[1902: 93]
  3. ^ a b c d e f g h 『三浦系図伝 完』
  4. ^ 水野[1914: 874]
  5. ^ 『官報』号外「授爵叙任及辞令」1900年5月9日。

参考文献[編集]

  • 『三浦系図伝 完』(和歌山県立図書館所蔵)
  • 『人事興信録(初版)』 人事興信所、1903年、1019頁。
  • 維新史料編纂会編 『現代華族譜要』 日本史籍協会、1929年、631頁。
  • 秀英舎編 『華族名鑑』 秀英舎、1902年、93頁。
  • 水野慶次編 『華族大系』 系譜社出版部、1914年、874頁。


日本の爵位
先代:
叙爵
男爵
紀州藩家老)三浦家初代
1900年 - 1903年
次代:
三浦英太郎