三浦圭一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

三浦 圭一(みうら けいいち、1929年4月21日[1] - 1988年8月1日[2])は、日本の歴史学者。専門は日本中世史。

経歴[編集]

愛媛県生まれ。1953年、愛媛大学文理学部文学科を卒業[2]。1960年、京都大学大学院文学研究科(国史学専攻)を修了[2]愛泉女子短期大学講師、四天王寺女子大学文学部助教授などを経て、1970年、立命館大学助教授、1971年、同大学教授[2]

1985年、「中世民衆生活史の研究」により、京都大学から文学博士学位を授与される[3]

『和泉市史』、『堺市史』、『新修大阪市史』などの自治体史の編さんや史料集編さんに尽力した。

主要著作[編集]

  • 三浦圭一『中世民衆生活史の研究』思文閣出版〈思文閣史学叢書〉、1981年。
  • 三浦圭一『日本中世賤民史の研究』部落問題研究所出版部、1990年。
  • 三浦圭一『日本中世の地域と社会』思文閣出版、1993年。

参考文献[編集]

脚注[編集]