三浦啓之助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

三浦 啓之助(みうら けいのすけ、嘉永元年11月11日1848年12月6日) - 明治10年(1877年2月26日)は、日本の武士新選組隊士。

人物[編集]

幕末期の洋学者・佐久間象山とその妾・お蝶の子で、本名は佐久間恪二郎(さくま かくじろう)。ちなみに「三浦」は義母・順(勝海舟の妹)の姓である。

元治元年(1864年)に父・象山に随身して入洛するも、同年7月11日に父が暗殺されてしまう。この時、父の門弟・山本覚馬に仇討ちを勧められ、新選組へ入隊する。近藤勇はこのとき三浦の心情に感銘を受け、義挙を支える約束をしたという。しかし叔父にあたる勝海舟は入隊を憂慮していた。また、京都所司代松平定敬は、松代藩に対し、佐久間家断絶処分の見直しを打診している[1]

入隊後は局長・近藤勇の側近となり、他の平隊士よりも丁重に扱われたが、次第に父譲りの傲慢さが露わになり、芦谷昇たちと共に粗暴を働くようになる(その為、土方歳三沖田総司からは終始目を付けられていた)。

そして慶応2~3年頃、芦谷と共に新選組を脱走する(但し、それ以前に土方が松代藩への帰藩を促したことがあるが、啓之助自身はこれを拒否している)。慶応4年(1868年)、勝の紹介で慶應義塾に入学。

明治維新後は(いそし)と名を改め、象山の息子であることを利用して司法省に出仕するも、警察官と喧嘩を起こし免職となる。その後は松山県裁判所判事として松山に赴任したが、明治10年(1877年)2月26日に食中毒で頓死した。享年31。

三浦啓之助が登場する作品[編集]

小説

漫画

ドラマCD

テレビドラマ

脚注[編集]

  1. ^ 新人物往来社 『新選組大人名辞典』 新人物往来社2001年、18頁。