三浦哲治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

三浦 哲治(みうら てつじ、1959年10月15日 - )は、日本のサッカー指導者である。静岡市生まれ。静岡産業大学サッカー部(1994年創部)初代監督。静岡産業大学磐田ボニータ(2008年創部)初代監督。甥(姉の子)はサッカー指導者の泰年とサッカー選手の知良

Jリーグジュビロ磐田や磐田市と連携するなど、地域との強いパイプを持ち、静岡産業大学男子・女子サッカーを創設、全国屈指のサッカー強豪校に育てた人物。

現在は静岡産業大学事務局次長・サツカーゼネラルマネージャーとしてオール磐田で地域スポーツ・サツカー、特に女子サツカーの普及に務める。

小学校からサッカーを始めたが、当時は野球との掛け持ちで静岡県学童少年野球大会の優勝投手・主将を務めるほどの才能がありながら、周囲の反対を押し切り中学校の部活動はサッカーを選んだ。静岡学園高では、全国高校サッカー選手権大会準優勝、青森国体では優勝した。東京農業大学では、関東大学リーグ大学選手権で、準優勝を経験した。大学卒業後は、サラリーマン生活を12年経験し1994年Jリーグ開幕の翌年に静岡産業大学サツカー部監督に就任した。