三河武士のやかた家康館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Map symbol (Museum) w.svg 三河武士のやかた家康館
The Iyeyasu And Mikawa Bushi Museum
The-Iyeyasu-and-Mikawa-Bushi-Museum-2.jpg
三河武士のやかた家康館の位置(愛知県内)
三河武士のやかた家康館
愛知県内の位置
施設情報
事業主体 岡崎市
管理運営 一般社団法人岡崎パブリックサービス[1]
開館 1982年11月3日
所在地 444-0052
愛知県岡崎市康生町561番地
(岡崎公園内)[2]
位置 北緯34度57分27.84秒 東経137度9分31.79秒 / 北緯34.9577333度 東経137.1588306度 / 34.9577333; 137.1588306座標: 北緯34度57分27.84秒 東経137度9分31.79秒 / 北緯34.9577333度 東経137.1588306度 / 34.9577333; 137.1588306
外部リンク 三河武士のやかた家康館
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示
入口付近
建物の中
正面広場で開かれているグレート家康公「葵」武将隊のイベント

三河武士のやかた家康館(みかわぶしのやかたいえやすかん)は、愛知県岡崎市康生町にある歴史博物館

概要[編集]

1977年(昭和52年)8月に創立40周年を迎えたトヨタ自動車が記念事業の一環として岡崎市に5,000万円を寄附。これを基金として岡崎公園内に歴史博物館を建設することが決まり、1979年(昭和54年)6月、岡崎城・家康館建設整備委員会が発足した[3]。同年12月1日、名古屋市西区の浦野設計事務所の設計案が6社の案の中から採用された[4]

1982年(昭和57年)11月3日、開館[5][6]。館内は地下1階の常設展示室ほか1階展示室、特別展示室、甲冑試着体験室、映像コーナー、書籍コーナーがある。このうち常設展示室では、徳川家康や家康に仕えた三河武士の人間像、生き様、時代の移り変わりなどを展示している[2]。このほか、甲冑着体験室では甲冑の試着や写真撮影ができる。

2006年(平成18年)3月21日にリニューアルオープンしている[2]

主な収蔵品[編集]

種別 名称 制作年 備考
重要文化財 黒糸威胴丸具足〈鹿角脇立兜・小具足付 /(本多忠勝所用)〉[7] 桃山時代 1977年(昭和52年)6月11日指定
市指定文化財 亀甲文地銀貼膳[8] 江戸時代初期 1982年(昭和57年)7月26日指定
市指定文化財 葵紋桐唐草文蒔絵什器[8] 江戸時代中期 1982年(昭和57年)7月26日指定
市指定文化財 刀 銘薬王寺 主真助 文亀二年八月日[8] 1502年文亀2年) 2001年(平成13年)5月7日指定
市指定文化財 刀 銘薬王寺 助次[8] 室町時代 2001年(平成13年)5月7日指定

※このほか蜻蛉切レプリカや小牧長久手合戦図屏風、洛中洛外図など

交通アクセス[編集]

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 指定管理者管理施設一覧”. 岡崎市. 2016年10月11日閲覧。
  2. ^ a b c d 三河武士のやかた家康館”. 全国観るなび. 2016年10月11日閲覧。
  3. ^ 『市政だより おかざき』1977年11月1日号、1980年3月15日号
  4. ^ 東海愛知新聞』1979年12月2日、「旧二の丸館ふうの外観 岡崎公園来春着工 家康館の基本設計決まる」。
  5. ^ 市のあゆみ”. 岡崎市. 2016年10月11日閲覧。
  6. ^ 『東海愛知新聞』1982年11月3日。
  7. ^ 黒糸威胴丸具足〈鹿角脇立兜・小具足付/(本多忠勝所用)〉”. 国指定文化財等データベース(文化庁). 2017年1月31日閲覧。
  8. ^ a b c d 岡崎市指定文化財目録”. 岡崎市. 2017年1月31日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]