三橋節子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

三橋 節子(みつはし せつこ、1939年3月3日 - 1975年2月24日)は京都府出身の画家京都芸術大学美術学部出身。夫は日本画家鈴木靖将。長男は元バドミントン選手の鈴木草麻生。姪はチェンバロ奏者の三橋桜子

1973年に利き手の右手を鎖骨の癌により手術で切断。その後は左手で創作を続けたが、35歳で癌の転移により他界した。画業に傾ける情熱は、今なお作品に残されていて色あせていない。[独自研究?]

翳りのあるタッチと幼子へのまなざしが大きな特徴。[独自研究?]晩年には地元近江の昔話を基にした作品を多く手がけた。

個人美術館[編集]

主な作品[編集]

  • 『湖の伝説』
  • 『花折峠』
  • 『三井寺の晩鐘』(昭和48年)
  • 『余呉の天女』(絶筆、昭和50年)

関連項目[編集]

  • 梅原猛 - 遺族から送られた「三橋節子画集」、「吾木香」を読み、感動し、『『湖の伝説』―画家・三橋節子の愛と死―』で三橋を取り上げた。
  • 個人美術館

外部リンク[編集]