三条町子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
三条 町子
出生名 宮野 信子
生誕 (1925-01-09) 1925年1月9日(93歳)
出身地 日本の旗 日本青森県八戸市
活動期間 1948年 -
レーベル キングレコード

三条 町子(さんじょう まちこ、1925年1月9日 - )は、日本歌手である。本名は藤田 信子(旧姓:宮野)。三條 町子の表記もある。

経歴[編集]

青森県八戸市に生まれる。作曲家大村能章の弟子。戦争中は栃木に疎開。

1948年(昭和23年)に上京し、同年、キングレコードから本名の宮野信子の名前で「泪のブルース」にてデビュー。他に「黄昏の花園」などを発表した。1949年(昭和24年)、芸名を三條町子として発表した「かりそめの恋」が大ヒットし、一躍その名が知られることとなった。1951年(昭和26年)には「東京悲歌」(とうきょうエレジー)も大ヒットした。大津美子の1956年(昭和31年)の代表作「ここに幸あり」はもともと三條町子の吹き込みで曲は制作されたが、三條が出産を控えていた為に、同じレコード会社の当時新人の大津に回ってきたというエピソードがある。ちなみに大津美子は「かりそめの恋」を、1964年(昭和39年)にシングルでカヴァーした。また、1950年(昭和25年)に発売した三條町子名義の「涙のブルース」は、デビュー曲「泪(なみだ)のブルース」とは全くの同名異曲である。

三條はその後、結婚のため引退したが、昭和40年代(1960年代半ば)に入ると懐メロブームに乗り、名前の表記を「三条町子」として時折テレビ出演するなど、平成に入っても現在まで高齢ながら精力的に活動を続けている。

2011年11月11日、ゆうぽうとで開催された「第38回日本歌手協会歌謡祭」に、菅原都々子安藤まり子・後輩の大津美子らと共に出演。

2012年1月17日、「NHK歌謡コンサート」(NHK総合)に87歳にして生出演し、自身の代表曲「かりそめの恋」を披露した。

ヒット曲[編集]

  • かりそめの恋 : 1949年(昭和24年)
  • 東京悲歌(とうきょうエレジー) : 1951年(昭和26年)
  • 私は銀座リル : 1952年(昭和27年)
  • 想い出のランプに灯を入れて : 1953年(昭和28年)
  • 恋の火の鳥 : 1954年(昭和29年)

NHK紅白歌合戦出場歴[編集]

主な映画出演[編集]

  • 『紅椿』 吉村廉監督、1953年(昭和28年) - 歌手 役

外部リンク[編集]