三村仁司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
みむら ひとし
三村 仁司
生誕 (1948-08-20) 1948年8月20日(68歳)
日本の旗 日本
兵庫県加古川市
出身校 兵庫県立飾磨工業高等学校
受賞 厚生労働省「現代の名工」、黄綬褒章

三村 仁司(みむら ひとし、1948年8月20日[1][2] - )は、日本技術者競技スポーツ用シューズ職人として、特定の、ごく一部の人々に知られる人物である。

経歴[編集]

1948年、兵庫県印南郡志方町(現:加古川市)生まれ[1][2]。中学時代から陸上部に所属し、陸上競技の強豪校への進学を目指す。兵庫県立飾磨工業高等学校時代には陸上部キャプテンを務め、長距離走選手としてインターハイなどに出場[2]。この頃から、長持ちするシューズはないかと考えるようになり、スポーツメーカーでの就職を志すようになった。大学からの競技続行の誘いを断り、高校卒業後の1966年、オニツカ株式会社(現:アシックス)に入社[1]。成型係、仕上係、研究室を経て、1971年、入社当時から希望していた研究室に配属される。ゴムの配合やスポンジの配合など、素材単位での研究を進め、クッション性・摩耗性・軽量性などの問題とバランスを学んだ。

1974年に、たった一人で別注シューズの製作を開始[1][2]し、その後は他の社員とともにオリンピックを目指す選手をフォローしていくことになる。陸上競技にとどまらず、野球、サッカー、テニス、バレーボール、バスケットボール、ボクシング、モータースポーツ、近代五種など多岐にわたる競技のシューズを手がける。君原健二瀬古利彦谷口浩美、森下広一、高橋尚子有森裕子野口みずきイチロー長谷川穂積尾崎好美小崎まり青木宣親内川聖一香川真司木﨑良子などのシューズ製作を担当した[1][2]。(ただし、イチローのスパイクとトレーニングシューズは2004年以降は、三村や神戸・高塚台の工学研究所ではなく、鳥取・境港のアシックス山陰で製造されていた。)高い評価が在る一方で、競技者が故障で早期引退したり、他のメーカーに替えているのも事実であり、高評を疑問視する声も在る。

2009年、アシックスを定年退職し、兵庫県高砂市米田町[2]においてシューズ工房「M.Lab(ミムラボ)」を設立し、代表取締役に就任。2010年1月には、アディダスジャパン株式会社と専属アドバイザー契約締結を発表し[3]、ミムラボで制作されるすべての競技シューズをアディダス製品として開発することとなった。しかし、2017年春には契約解消している。

受賞・叙勲歴[編集]

[3]

人物・エピソード[編集]

2004年のアテネオリンピックで、野口みずきは、マラソン優勝を決めた直後、右足のマラソンシューズを脱いで、キスをした。野口自らの説明によれば、それはシューズを製作した三村に対する「最大限の感謝の気持ち」の意味だった、という[4]

著書[編集]

出演番組[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e MIMURA PREMIUM - アディダスランニングラボ
  2. ^ a b c d e f ピックアップボイス 三村仁司さん - 加古川タウンマップキラリかこがわ
  3. ^ a b 現代の名工、三村仁司氏が生み出すシューズ All About、2010年1月14日
  4. ^ ロンドン五輪へ始動 シューズの三村仁司 All About、2010年5月11日

外部リンク[編集]