三木竜二

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

三木 竜二(みき りゅうじ、1975年6月14日 - )は、鳥取県出身のD1ドライバー。

来歴[編集]

D1グランプリに初年度の2001年第3戦備北から参戦を開始した。

2001年はプライベーターとしてS14シルビアで3戦に出場し、2回の入賞を得てシリーズ21位となった。翌2002年に上京してチューニングショップのトップシークレットに就職し、S15シルビアに乗り換えた。シリーズ7戦中3戦で予選不通過となったものの第2戦エビスで8位に入り、シリーズ28位となった。

2003年は第2戦備北で5位に入るなど3回の入賞を得てシリーズ13位となり、2004年の開幕前にお台場で開催されたプレシーズンマッチで準優勝した。第2戦SUGOでは初の公式戦準決勝に進出し4位、第3戦エビスも続けて準決勝に進出したが、日比野哲也との対決でコーナーをオーバーランし、土手にヒットしてクラッシュとなった。このクラッシュ直後は車内から動けず、マシンを大人数に押し出される形で退場した。しかし、続く第4戦オートポリスでは3位、第5戦お台場で初優勝を遂げた。第6戦エビスでも決勝まで進出し準優勝となったが、ポイントリーダーの谷口信輝が、新車のアルテッツァのマシントラブルにより単走1回戦で敗退したことからランキングトップに浮上した。最終戦筑波で谷口の追走1回戦敗退により2004年のシリーズチャンピオンを獲得した。

2005年からは小倉クラッチ(ORC)のZ33フェアレディZにマシンをチェンジした。開幕戦アーウィンデールがほぼ初乗りだったことや、シルビアよりも車重のあるZのマシンハンデに苦しみ、ランキング16位に終わった。しかし、イギリスシルバーストン・サーキットで初開催されたD1エキシビジョンマッチでは、前年のチャンピオンマシンであるトップシークレットのシルビアで参戦し、優勝を果たした。また、坂東商会からネッツカップアルテッツァシリーズにもスポット参戦した。

2006年シーズンはD1・アルテッツァレース共に不参加となった。ドリフト・ラジコンドリフトのイベントに精力的にゲスト出演し、ラジコン雑誌にコラムを執筆している。7月8日にトップシークレットを退社し、その後は飲食店に勤務しながらD1グランプリへの参戦を計画していた。

2007年より、アメリカのドリフトイベント『フォーミュラD』にチームアペックスUSAのFD3S型RX-7でフル参戦。

2009年も引き続きフォーミュラDに参戦した他、チームR・Y・OのS14シルビアでD1グランプリに第7戦の富士から約3年ぶりに復帰。以後2012年まで不定期にスポット参戦。

2013年、チームギルドワンのS15シルビアでD1グランプリに8年ぶりにフル参戦する事が発表された。 2015年はRYO JAPANよりスポット参戦、2016年はR Magicに移籍して参戦した。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

先代:
2003年
今村陽一
D1グランプリ
シリーズチャンピオン
(2004年)
次代:
2005年
風間靖幸