三木正俊

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

三木 正俊(みき まさとし、1951年6月22日 - )は、日本弁護士オンブズマン札幌弁護士会会長や、北海道弁護士会連合会理事長、日本弁護士連合会副会長、札幌市代表オンブズマン等を歴任した。

人物・経歴[編集]

北海道雨竜郡沼田町生まれ。沼田中学校函館ラ・サール高等学校を経て、1971年大学入学資格検定試験合格。一橋大学法学部在学中に旧司法試験に合格し、1979年大学を卒業し司法研修所入所。1981年東京弁護士会弁護士登録。1985年札幌弁護士会弁護士登録、三木法律事務所設立。2008年札幌弁護士会会長。2009年北海道弁護士会連合会理事長。2011年日本弁護士連合会副会長[1]。また、日本弁護士連合会秘密保全法制対策本部副本部長として、特定秘密の保護に関する法律制定への反対活動にあたるなどした[2]札幌市代表オンブズマン等も歴任[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]


先代:
向井諭
札幌弁護士会長
2008年 - 2009年
次代:
高崎暢