三木森彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
三木 森彦
Morihiko Miki.jpg
生誕 1890年5月21日
日本の旗 日本 東京都
死没 1973年7月6日
所属組織 大日本帝国海軍の旗 大日本帝国海軍
軍歴 1912年 - 1945年
最終階級 海軍少将
テンプレートを表示

三木 森彦(みき もりひこ、 1890年明治23年)5月21日 - 1973年昭和48年)7月28日)は、日本海軍軍人。最終階級は海軍少将東京都目黒区出身。

略歴[編集]

旧制東京府立第一中学校より海軍兵学校第40期入校。入校時成績順位は150名中第120位、卒業時成績順位は144名中第131位。

日本海軍航空界黎明期の人物として知られ、同期生には空母初着艦を行った吉良俊一や、支那事変日中戦争)初期に第十三航空隊司令だった千田貞敏がいる。同時期に三木も第十二航空隊司令として赴任した。

年譜[編集]

参考文献[編集]

  • 日本の陸海軍の制度・組織・人事(日本近代史料研究会偏・東京大学出版会
  • 海軍兵学校沿革・第2巻(海軍兵学校刊)
  • 海軍兵学校出身者名簿(小野崎誠 編・海軍兵学校出身者名簿作成委員会)
  • 日本海軍史・第10巻(海軍歴史保存会編・第一法規出版)

関連項目[編集]