三斗小屋温泉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Hot springs 001.svg 三斗小屋温泉
Spa Sandogoya, Nasushiobara, Tochigi.jpg
三斗小屋温泉の煙草屋と大黒屋別館

三斗小屋温泉の位置(栃木県内)
三斗小屋温泉
温泉情報
所在地 栃木県那須塩原市
座標 北緯37度8分17秒 東経139度56分47秒 / 北緯37.13806度 東経139.94639度 / 37.13806; 139.94639座標: 北緯37度8分17秒 東経139度56分47秒 / 北緯37.13806度 東経139.94639度 / 37.13806; 139.94639
交通 宇都宮線黒磯駅より関東自動車バスで約75分。那須ロープウェーに乗り換え、山頂駅下車、牛首経由徒歩で約120分
泉質 単純泉
泉温(摂氏 40 - 58 °C
液性の分類 中性
浸透圧の分類 低張性
宿泊施設数 2
総収容人員数 80(大黒屋) 人/日
外部リンク 三斗小屋温泉 煙草屋旅館
三斗小屋温泉 大黒屋
テンプレートを表示

三斗小屋温泉(さんどごやおんせん)は、栃木県那須塩原市(旧国下野国)旧会津中街道三斗小屋宿近くにある板室温泉郷エリアの温泉江戸時代には『那須七湯』を構成する温泉に数えられ、現在でも那須温泉郷を構成する温泉として数えられる。アクセスは徒歩のみ、トレッキング程度以上の装備が良い。

泉質[編集]

  • アルカリ性単純泉(低張性中性高温泉)
    • 源泉温度 : 40 - 58℃
    • 無色透明の源泉

効能[編集]

  • リウマチ・神経痛・疲労回復

※ 効能はその効果を万人に保証するものではない。

温泉地[編集]

朝日岳(1903m)の西側の山腹標高約1,460mに温泉が位置する。温泉地は周囲を那須町に囲まれた那須塩原市の飛び地にある[1]。谷を下って約3kmの地に旧会津中街道戊辰戦争の古戦場・三斗小屋宿跡がある。

旅館は2軒、大黒屋と煙草屋がある。那須岳登山道のルートの途中に在ることから、それらの山小屋としての扱いが強く、宿泊客も旅館の為だけの利用が非常に少なく、那須岳登山者の利用が殆どである。朝夕食の提供あり。冬期休業。電力の供給はなく、各山小屋の自家発電が行われている。通常の携帯電話圏外で、固定電話回線の供給が行われていないため、衛星電話回線の公衆電話が設置されている。1999年までは日帰り入浴ができたが、それ以降は不可能となっている。

歴史[編集]

1143年康治元年)奥州信夫郡信夫村(現福島市)の生島某により発見されたと伝えられている[2]。明治時代には旅館は5軒あった。

アクセス[編集]

宇都宮線黒磯駅より関東自動車バスで約75分。那須ロープウェイに乗り換え、山頂駅下車、牛首経由徒歩で約120分。または、峠の茶屋駐車場→峰の茶屋→三斗小屋徒歩で約120分。

その他[編集]

三斗小屋宿[編集]

三斗小屋宿はかつて会津中街道にあった宿場。三斗小屋温泉から3kmほど西の那賀川上流[北緯37度08分04秒 東経139度55分33秒 / 北緯37.134344度 東経139.925860度 / 37.134344; 139.925860]にあった。現在は無人であり、宿跡が那須塩原市指定の史跡になっている[3]

参照[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 2万5千分1地形図「那須岳」、5万分1地形図「那須岳」
  2. ^ 三斗小屋温泉(温泉神社) |那須塩原市
  3. ^ 三斗小屋宿跡|那須塩原市

外部リンク[編集]