三崎優太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
みさき ゆうた
三崎 優太
Yuta misaki201704.jpg
生誕 (1989-03-29) 1989年3月29日(33歳)
日本の旗 日本
北海道札幌市
国籍日本の旗 日本
出身校クラーク記念国際高等学校
職業実業家YouTuber
三崎 優太
生年月日 (1989-03-29) 1989年3月29日(33歳)
出身地日本の旗 日本
北海道札幌市
通称青汁王子
国籍日本の旗 日本
身長181cm
体重75kg
拠点東京都
チームみさきホールディングス
三崎 優太
公式サイト
YouTube
チャンネル
活動期間 2020年 -
登録者数 83万人
総再生回数 2.1億回
チャンネル登録者数・総再生回数は
2022年3月21日時点。
テンプレートを表示
青汁王子の待合室【サブチャンネル】
YouTube
チャンネル
活動期間 2020年 -
登録者数 3.54万人
総再生回数 532万回
チャンネル登録者数・総再生回数は
2022年3月21日時点。
テンプレートを表示

三崎 優太(みさき ゆうた、1989年3月29日[1] -)は、日本実業家YouTuberタレント

北海道北見市出身[2]クラーク記念国際高等学校卒業。株式会社メディアハーツ(現:ファビウス株式会社)創業者。現在は、株式会社みさきホールディングスの代表取締役。

2014年以降、青汁のネット通販が爆発的にヒットして「若手イケメン社長」としてマスコミなどに注目されたことから、ネット上などでは、青汁王子の名で知られる。

来歴[編集]

生い立ち[編集]

北海道札幌市生まれ。北見市で育つ。物心ついた頃は札幌で暮らしていたが、父親の仕事の都合で遠く離れた北見市へと引っ越す。

高校生でアフィリエイターに[編集]

両親に「札幌の高校に通いたい」と告白して、札幌の高校に通うことになる。しかし、わずか三か月の間に2度の停学を受けて、3度目の処分として最終的に退学になってしまう。

その後、留年せずに途中入学できる高校に編入する。そこは退学者や落ちこぼれが集まる学校で、物欲が刺激されてアルバイトの面接を受けるが、不採用ばかりであったという。次第に学校をさぼるようになり、高校二年の中盤にはほとんど学校に行かなくなり、二度目の退学になってしまう。

通信制のクラーク記念国際高等学校時代、さらに生活は荒れてパチスロで当てた三崎はパソコンを購入して、ゲーム系のサイト制作をしていた。そのサイト上でアフィリエイトを始めたところ、すぐに利益が月10万円になったことから、仲間を増やしながらアフィリエイト用サイトを増やしていき、最終的には月収400万円を稼いでいた[3][4]

しかし、仲間だった同級生とはかなり温度差があり、三崎のアフィリエイト組織は崩壊寸前になってしまったという。また、税金を支払うことを知らず、税理士に相談したところ税金対策のために会社設立を薦められる。

IT企業の成功と失敗[編集]

2007年11月22日、株式会社メディアハーツ(現ファビウス)を起業して、高校卒業後はどこにも就職せず、自身の会社でアフィリエイト事業や携帯電話コンテンツの制作などを行っていた[5]。アフィリエイトを始めるきっかけになった人物からの勧誘により、東京の某企業の子会社となり上京することになる。

しかし、高卒で社会経験などなく最低限の常識などもなかったことから、子会社として働くを止めて恩師の社長から離れて、独立して会社経営をすることになる。

年商は1億円を超えて経営は順調であった反面で、社員の一人が社内情報を他社に売却しようとしていることが判明するなど、仕事関係での裏切りなどがあったことから、2010年に株式会社メディアハーツは休眠していったん会社経営から遠ざかる。

株式トレーダーとして活動[編集]

この頃、ビジュアル系アーティストになりアマチュアバンドとして活動をするが、まったく芽が出なかったという。

その後、一人で引きこもってFXを行っていた。あまりにFXで儲け過ぎたため、証券会社に注文を受け付けてもらえなくなり、株式投資に移行した。この頃のFXや株式投資の経験が、金融や経済の知識を学ぶ土台となり、後にビジネスや投資をしていく上で貴重なスキルになったと語っている。

24歳の春、ファンド会社に合計1億3000万円を渡したところ、騙されて持ち逃げされてしまう。当時は25歳になったら、もう一度ビジネスをしようと思っていたという。

青汁のネット通販で成功[編集]

2014年、美容通信販売事業を開始。1年目8億円、2年目18億円、3年目130億円……と圧倒的な売上を記録していく。自身がやっているアフィリエイト事業により、広告費をかけずに宣伝できたことが大きな武器になったという。

2017年、「すっきりフルーツ青汁」を2017年10月23日時点で累計1億3,000万本[6]販売し、17年9月期の通販売上高は前期比539%増の131億円[7]と増収率ランキング1位[8]となる。主力商品にちなみ「青汁王子」として呼称され、メディアへの露出が多くなる[9]

2019年2月に、法人税法違反で逮捕される。

SNSの青汁劇場で話題に[編集]

2019年3月、保釈後はTwitterなどを通じ、「青汁劇場」[10]と称した投稿を多数に行う。焼き鳥屋に転身したり、彼女にフラれた一部始終の様子を公開する等をして反響を呼んだ。

2019年8月15日、ホストに転身を表明。8月19日~31日の間に指名212組、約8,200万円を売り上げ“業界史上最高記録”[11]を打ち立てた。一連の青汁劇場については、基本的に「フィクション」であり番組上のネタであるという。

また、自分の訴えを収録した「青汁劇場〜報復編〜」という動画[12]を公開。動画の中では、マルサが強制調査に入った際の国税庁長官が佐川宣寿[13]であり、森友事件について忘れないでほしいと訴えた。

2019年、ツイッター上で第49回衆議院議員総選挙NHKから国民を守る党公認候補として立候補を表明した[14]。しかし、三崎のツイッターで「脱税したとされている1億8000万円を日本の未来のために贖罪寄付します。1人につき100万円を180名様に現金で寄付します」と発表。その際、一般人も多数当選した為、公職選挙法に反する可能性もあり、それがネックになることから、立花孝志による出馬要請を取り消された。後に、本人曰く「今は政治に興味はなく、政治家になるつもりはない」との発言をしている。

YouTuberとして活動開始[編集]

2020年2月、YouTuberとしての活動も開始。様々なYouTuberやビジネスの成功者たちとコラボや対談をしたり、自身の成功体験や金持ちになる方法などを語るなど、多くのファンを獲得する。 

その後、YouTubeだけの活動に留まらず地上波のCMに出演する等、実業家としてだけではなくタレントとしても幅広く活躍する。

男性アイドルグループとしても活動[編集]

2021年2月、YouTube上でのオーディションを経て、次世代男性アイドルグループ「SNiii」(スニィ)の結成が発表された。デビュー前にしては異例のミュージックビデオ3週連続リリースを敢行した。プロジェクト総予算は1億円。3年以内に武道館を目指すことを目標にして、「リアル」と「ネット」を融合させた次世代ハイブリッドアイドルとされた。

しかし、プロデューサーの飯田祐基及びライバー社による「水増し請求」などの諸問題が発覚した上、既に6000万円を投じたものの「音楽配信サービスへの登録」などといった飯田側の作業が進展しないことに不信感を募らせていた三崎は、ライバー社と決別して「SNiiiの解散」を発表する。

2021年11月、「Re:Genesis Kingdom Project」(通称:リジェネ)として、アイドルプロジェクトを復活させる。メンバーはSNiiiと同様に、『美咲えちる』名義の三崎のほか、水乃陸、美好秋人、望月勇志、暁耀平、鈴伽彗晃規の6名で構成される。ジャニーズ系の正統派アイドルのテイストだったSNiiiと異なり、クールなビジュアル系アイドルに変化している。

法人税法違反[編集]

2019年2月12日、架空の広告宣伝費を計上し、2年分で約1億8千万円の法人税の支払いを免れた法人税法違反(脱税)容疑で東京地方検察庁特別捜査部に他2名と共に逮捕[15]され、3月4日に同法違反の罪で起訴された。[16]

2019年7月16日、論告求刑公判で、検察側が懲役2年を求刑。弁護側は執行猶予を求めて結審。

2019年9月5日、東京地方裁判所は、法人税法違反などの罪で懲役2年執行猶予4年、法人の「ファビウス」に罰金4600万円の有罪判決[17]をそれぞれ言い渡した。

2019年9月6日、SNSにて脱税額と同じ1億8千万円を「贖罪」としてフォロワーに寄付すると発表。発表の意図[18]については、「法治国家のもとにある以上、有罪というのであれば受け入れざるを得ない。その贖罪として国民の皆さんに現金を配布し、社会のために私財を投じる。それが一人でも多くの国民に拡散され、少しでもこの問題を考えるきっかけとなって、正しい日本の未来へと進んでほしい」と答えた。

基金活動[編集]

2020年6月、「三崎優太 若者のみらい応援基金」[19]創設。日本の未来を支える若者を支援することを目的とし内閣総理大臣認定の公益財団法人公益推進協会の協力のもと創設。

2020年9月、『死ぬな!生きろ!SNS誹謗中傷撲滅基金』[20]設立。命をテーマに100万円を100人に、総額1億円をSNSを通して配布した。社会問題となっているSNSの誹謗中傷で命を落とす人がいること、コロナショックで生きる希望を失い命を落とす人がいることに対し、『理不尽な世の中でも生きることをあきらめないでほしい』という思いを込めて、基金を設立した。

出演[編集]

TV番組[編集]

  • 賢者ファビウスの定理(2017年4 - 9月、TOKYO MX)レギュラー出演

ウェブ番組[編集]

CM[編集]

  • AGAスキンクリニック(2022年7月16日[22] - )

MV[編集]

  • ROYALcomfort「花束を君だけに〜Brightness standard〜」(2017年6月)

イベント[編集]

  • 2020年3月9日:虚無僧バー1日店長

著書[編集]

  • 2018年6月 「仮想通貨ICO投資で50億稼ぐ」 株式会社ぱる出版 ISBN 978-4827211283
  • 2018年2月 「仮想通貨「ICO投資」ってやつで10万円を2億円にしてみた」 株式会社ぱる出版 ISBN 978-4-8272-1108-5
  • 2020年10月 「過去は変えられる」 株式会社扶桑社 ISBN 978-4594083854
  • 2021年12月 「時を稼ぐ男」 株式会社KADOKAWA ISBN 978-4046054098

関連項目[編集]

  • 近藤太香巳 - 三崎が株式会社メディアハーツ時代に取引があった恩人で、東証一部の会社経営者。

脚注[編集]

  1. ^ 三崎優太さんのプロフィールページ”. ameba.jp. 2019年5月18日閲覧。
  2. ^ 三崎優太、@misakism13 2017年7月8日の発言
  3. ^ 高校生で月商400万円を売り上げた! 青汁王子のアフィリエイト戦
  4. ^ misakism13の2019年5月18日のツイート2019年5月18日閲覧。
  5. ^ 「スマホで青汁」、なぜ若い女性に大ヒット?3年で売上60億円を生み出す若手社長の超絶センス 小野貴史、ビジネスジャーナル、2017年1月4日配信。
  6. ^ 日刊SPA! 28歳にして仮想通貨で資産2億円の男 その成功法とは?”. 日刊SPA!. 2017年10月29日閲覧。
  7. ^ 【メディアハーツ 三崎優太代表取締役】 〈フルーツ青汁で急成長〉/今期売上高200億円突破へ | インタビュー | 日本ネット経済新聞”. 日流ウェブ. 2019年9月25日閲覧。
  8. ^ 元青汁王子, 三崎優太(Yuta Misaki) (2018年1月5日). “[https://twitter.com/misakism13/status/949434302114091009?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E949434302114091009&ref_url=https://blue-38.com/?p=4472 増収率ランキング1位に我がメディアハーツが選ばれました!嬉しいね、今期も頑張るぞ! 事業のほうでもインパクトのある仕掛けを仕込み中です!pic.twitter.com/TzaXHoh3iu]” (日本語). @misakism13. 2019年9月25日閲覧。
  9. ^ 脱税で逮捕の青汁王子 仮想通貨を巡り5億円の被害も? AERA dot.2019年2月18日配信。
  10. ^ ホスト転身の元青汁王子・三崎優太、政界進出に意欲 ホストいじめ告白、デリヘル嬢とのベッド動画公開で「震えが止まらない」 (2019年8月30日)” (日本語). エキサイトニュース. 2019年9月25日閲覧。
  11. ^ 青汁王子「ホスト生活」の真実 仕掛け人が明かす「奇行炎上路線」計画 (2019年9月5日)” (日本語). エキサイトニュース. 2019年9月25日閲覧。
  12. ^ (日本語) 僕が脱税したとされている【1億8千万円】を日本の未来のために贖罪寄付します, https://www.youtube.com/watch?v=M1hc2bY4Hl4 2019年9月25日閲覧。 
  13. ^ “青汁王子”の森友告発動画が330万回再生「佐川氏のこと初めて知った」「100万円はいらない」の声も(相澤冬樹) - Yahoo!ニュース” (日本語). Yahoo!ニュース 個人. 2019年9月25日閲覧。
  14. ^ 衆院選特設ページ | NHKから国民を守る党 公式サイト
  15. ^ 「青汁王子」ことメディアハーツ社長、脱税容疑で逮捕:朝日新聞デジタル”. 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社 (2019年2月12日). 2019年2月12日閲覧。
  16. ^ 1.8億円脱税、「青汁王子」を起訴 東京地検特捜部”. 産経ニュース. 朝日新聞社 (2019年3月6日). 2019年3月4日閲覧。
  17. ^ 「青汁王子」に有罪判決 1.8億円脱税 東京地裁”. 朝日新聞デジタル. 朝日新聞社 (2019年9月7日). 2019年9月5日閲覧。
  18. ^ 元青汁王子・三崎優太被告、脱税額1億8千万円の現金配布を発表 後悔と謝罪「無知だった、こんな自分が情けない」 (2019年9月6日)” (日本語). エキサイトニュース. 2019年9月26日閲覧。
  19. ^ OFFICIAL WEBSITE 三崎優太 | 若者のみらい応援基金
  20. ^ 三崎優太が総額1億円を寄付「命」をテーマに100万円を100人に届ける『死ぬな!生きろ!SNS誹謗中傷撲滅基金』設立- PRTIMES 2020年9月7日
  21. ^ 出会って1か月で結婚!?新感覚リアリティショー『マリキュラム』第1話” (日本語). AbemaTIMES. 2019年10月6日閲覧。
  22. ^ 「青汁王子」こと実業家YouTuber・三崎優太さんがTVCMに初挑戦!新CMのナレーションを担当する歌手・西川貴教さんと初の対談を実施 AGAスキンクリニック『AスキにAsking!』篇” (日本語). PR TIMES. 2022年8月30日閲覧。

外部リンク[編集]