三富朽葉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
三富朽葉の実父・三富道臣によって建立された涙痕之碑

三富 朽葉(みとみ きゅうよう、1889年8月14日 - 1917年8月2日)は、日本の詩人である。

人物[編集]

本名は義臣。長崎県石田郡武生水村(現・壱岐市)生まれ。父・道臣は石田郡長を務めた。早稲田大学文学部英文科卒業。自由詩社同人。同人の人見東明加藤介春福田夕咲らとともに、自由詩風で認められ、またフランス文学批評をも著したが、犬吠埼君ヶ浜で溺れた友人・今井白楊を助けようとしてそのまま水死した。今井も助からなかった。

「三富朽葉詩集」1巻(1917年)が遺った。

全集[編集]

  • 『三富朽葉全集 第1巻 (詩集篇)』牧神社 1978
  • 『三富朽葉全集 第2巻 (散文篇)』牧神社 1978

伝記[編集]

  • 勝野良一『 海の声彼方の声 評伝三富朽葉』近代文芸社 (発売) 1994
  • 勝野良一『私説三富朽葉伝 長編小説』文芸社 2000

外部リンク[編集]